スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマーのポピュラー・ミュージック

2005. . 05
ミャンマーのポピュラーミュージックの実態と言うのはまだ全然知らなくて、漸くとばくちに立ったばかり。先般シンガポールのミャンマー雑貨店でいくつか購入してみたので取り敢えず紹介してみようと思います。購入場所はPeninsula Plaza。MRTのCityHall駅から徒歩1~2分、Funan Centerのすぐ側といえば判りやすいでしょうか。

ざっと3枚を通して聴いたところでは、それなりに標準型若者文化が浸透している、といった感じ。通常のアジアンポップスや洋楽とあまり大きな差異は感じられませんでした。まあ、たった3枚で判断するのは些か早計かもしれませんが過去に耳にした反体制派のABSDFほどの衝撃はない、と言うのが妥当でしょう。

とにかく極普通。ある意味伝統音楽のほうがよっぽどぶっ飛んでいるというか。
まあこの中でどれだけ個性的なバンドが見出せるのか、というのが今後の課題でしょう。
因みに下記のサイトでは色んなミャンマー音楽の音源が試聴できますのでご参考までに。
http://www.ayinepan.com/music/

「Theory」
Theory、THXA SOEという人物が中心になっているHIP HOPユニットと思われます。普通に普通なHIPHOPですが、メロディーのおセンチ加減はやっぱり東南アジアならでしょうか。演奏もラップも普通にしっかりしていますが、特に際立った個性は感じられません。同じ撮影場所での映像が使いまわされているとはいえ、全12曲のヴィデオクリップが納められていると言うことは、それなりに経済力、あるいはコマーシャルベースでの活動が保証されていると言うことかもしれません。Webで調べる限りでは2004年に製作されたものらしいです。

(判読不能)
恐らく複数のインディーズ・バンド(?)によるライヴ盤。12グループ各1曲。ジャケットがキースヘリングのパクリってとこが洒落てますね。英語表記で判読できるグループはTheory、Examples、Flux、Big Bag、No、NGⅡK、と言ったところ。
M-1のTheoryは定番HipHop、M-2はガールズ・バンド?非常には溌剌としたロックンロール。好感。M-3のExamplesはHipHopバラード。柔和なメロディーはやはりアジア系のバラードに共通してますね。M-4もヒップホップ。M-6・・・Smapですか?これもヒップホップ。
M-7のBigBagはDEWAに近い泣きメロ系のロックバンド。Voがヘタですが、なかなか好感。M-8のNOは昔のエレポップみたい。おねーちゃんVoが可愛いです。途中でラップ入ります。M-9もラップ入ってますが、メタル仕掛け・ハイトーン・ヴォーカル入りでちょっと毛色が違います。M-10のNGⅡKはヴァイオリンやコンガが入ってちょっと独特。曲はまあよくあるパターンですが、Vo.の声質がアンジェロ・ブランデュアルディを思わせるし、全体的にラテンフォーク的な雰囲気を持ち合わせています。めっけもの。M-11は女性VO.歌唱力もあり安定していますが特色はなし。普通のポップスとして悪くない、と言う感じでしょうか。M-12は標準型メタル。
とまあそんなわけで、若い人たちは何処でもさして変わらん、ちゅうことですね。軍事政権下だろうがなんだろうが。
それにしても引っかかるのはNGⅡK。「プ」なオヤジとしては。他にも引っかかる方がいるやも知れないので繰り返しておきましょう。ミャンマーのブランデュアルディミャンマーのブランデュアルディーですよ、お父さん!

(判読不能)
ジャケットだけ見ると「おお!ミャンマーにも渋谷系が」と思わせますが、中身全然違います。恐らくヒット曲のコンピ盤かなんか。アルファベット表示が全くないので100%判読不能。全10曲入り。
M-1~2は15年前のポップ・インドネシアみたい。M-3のバラードはなかなか洗練されていい感じ。マレーポップやポップ・インドネシアに通ずるものがあります。4曲目はどう聞いても「コンドルは飛んでゆく」なんだけど微妙にメロが違ったりするところがなんとも。パクリなのかカヴァーなのか全くわかりません。因みにケーナは入ってません。M-5女性VoのファンキーなHR。何となく昔の東欧メタルとかそんな雰囲気。M-6はDEWAみたい。割と普通のおセンチ・バラード。M-7はステッペン・ウルフです。Born to be wild。多分。0.1%ぐらいパクリの可能性がありますが、これがパクリだったらあんまりです。ぬるめのオルガンがイイ感じ。「ボ~ントゥビー・・・」のところは「♪じょーたぞ~まにゃーぞら~」・・・です。M-7はビューティフルサンダー、もとい、サンデー。

・・・と、通して聴いてみましたが、ココまで有名な曲が出てくるって事は洋楽のカヴァー集なのかも知れません。誰か教えてください。
関連記事
スポンサーサイト

comment

やおたに
「てんとうむしのサンバ」が入ってなくて良かったですね(汗
2005.03.10 10:20
入ってなくて残念、もとい、
それなりに面白いです。
2005.03.11 01:23

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/7-8d9c17cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。