スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Youtube小ネタ・・SOREのPV

2007. . 18
実はmixiの日記にも書いたんですが、もったいないのでコッチにも。
youtubeの是非については色々言われていますが、積極的に利用する人たちも沢山いる訳で、特にインディーズ系のミュージシャンにとっては強力なプロモになりますよね。さて個人的に大プッシュしているaksara records所属のバンド、SORE。彼らが自身の手でYoutubeにPVをアップロードし始めました。OST"Janji Joni"への参加をはじめ、EquinoxDMDのポッドキャストの初回に選ばれたりOST"berbagi suami"でも複数曲を担当するなど評価は非常に高いようですが、多少マニアックな音楽性からかまだまだ知名度が足りないような気がします。とはいえ興味はあっても日本では多少手に入りにくいのも事実で、彼らの良さを知っていただくには非常に有難いと言うか。又CDを入手して音だけを楽しんでいたヒトにも吉報ですね。


***


"Somos Libres"
問答無用アルバムのベストチューン。ロケは恐らくCafe Batavia。PVそのものの出来は今ひとつですが、David Tarigan、White Shoes & Couples Company、TIKA、と言ったaksaraのミュージシャン達が出演していて中々興味深いです。ピアノのRamond以外全員サウスポー、と言うのもある意味スゴイというか珍しいと言うか。因みにRamondはピアノ故判別できません。

"Cermin"
非常に幻想的な曲調にも関わらず何故かリンチの映像。妙にあってます。

"Etalase"
ジャカルタのコタ周辺の町並みを堪能できるPV。オールド・バタヴィアを意識した彼らならではの映像といえるでしょう。ジャズっぽい音作りと感傷的なメロディー. 元在住者としては切ない感情を煽られます。はしゃぐオッサン達がイイ感じ。

"Lihat"
出だしはNAIF風の懐こいメロですが、途中でマッチング・モールみたいになってしまう異様な展開。ジャカルタの街中を茫然自失な状態でさまよう初老の男達がまるで自分を見ているようで。年取ってジャカルタに行ったらこうなってしまうかも。

"Pergi Tampa Pesan"
OST Berbagi Suamiの収録曲です。既出PVの検閲?箇所が直されている模様。因みに冒頭のアコーディオンはRiza Arshad(Simak dialog)ですよ。

***


Aksaraのミュージシャンは他にもWhiteshoes & Couple Company, Goodnight Electric, The Brandals と言ったバンドがアップロードされていますが、当事者によるアップロードが確認できるのは今のところSoreだけ。今後もこうした積極的な動きがで盛んになると良いですね。
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/65-4fd64676
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。