スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVD "The Best of DEWA19"

2006. . 22
DEWA19
"The Best of Dewa19 (DVD+CD)"

Aquarius AQM DVD01-2

DEWAネタも暫く放置してましたが、その間に色々と出てますのでボチボチ行きたいと思います。 ここまで大物のグループだとミソまで含めてデータが豊富なのでラクと言えば楽。でとりあえず少し古いのから。

2004年に思い出したように出されたこのDVD、Ari Lassoが在籍した旧DEWA19時代のプロモーション・ヴィデオを集めたもの。収録曲はCD/カセットの"The Best of DEWA19"と全く同じですが、絵付きでこれ等の曲を全て見られるのは大きいです。
華々しいデヴューからスター街道を邁進して行った彼らのPVは言ってみれば各時代のポップ・インドネシアの最良のサンプル。若者達の恋愛感覚やドラッグ等の社会問題などをダイレクトに反映した映像は移り変わる世相の鏡であり、洗練されてゆくPVの技術的進歩と共に非常に興味深いものとなっています。
特に"Cukup Siti Nurbaya"に登場する高校生の乱闘、同性愛者、スリ、”Kirana"のバッド・トリップ映像等は、社会の実態を映しつつも「TVからお茶の間に流れるポップ・ソング」としては当時かなりインパクトがあったのではないでしょうか。
さて個人的に最も感銘を受けたのはやはりTyo Nugrosが加わった過渡期の作品"Elang"と"Persembahan dari Surga"。現ヴォーカリストOnceを迎えて制作されるBintang Limaのアーキタイプとも言えるこの2曲、楽曲のみならず歌詞もかなりシリアス路線で以後と一線を画します。
まずはElang。痛々しい歌詞と自暴自棄に陥ってゆくヒロイン。卵のなかでのまどろみは「生=苦難」のメタファーでしょうか。 そして「なんちゃってプログレ」が大爆発の"Persembahan dari Surga"。騒乱、流血、虐待、泣き叫ぶ人々、そしてイスラムに拘らない数々の祈り等々、感情に訴えるドキュメンタリー映像が矢継ぎ早に展開される様は、その黙示録的歌詞と相俟って圧倒的な印象を与えます。DEWAにプログレ的な要素を見出している方には必見でしょう。 一方でデヴュー曲Kangenのあまりにも垢抜けないルックスもほほえましくて、こちらも別の意味で見もの。

さらにCD/カセットに無かった特典として初期ドラマーWawangやプロデューサのJan Juhanaを含むインタヴュー映像と80ページに及ぶブックレットを添付。特にこのブックレットは豊富な写真とディスコグラフィー、コード解説に加え、DEWAの歴史がかなり詳細につづられており、これだけでもかなり価値があるものとなっています。1986年の胎動期から92年のメジャーデヴュー、傑作Pandawa Limaの実験精神と気合に満ちたレコーディング。そして商業的成功とAri/ Erwinのドラッグ問題による停滞、Aksan Sjumanの理不尽な解雇等など、生臭い内部事情に関する記述は、一筋縄ではいかなかったグループの紆余曲折を知る上で貴重な資料といえるでしょう。
因みにDVDなので歌詞の消去・表示、カラオケとしての利用も出来てお得ですよ~ん(笑)。

◆DEWAオフィシャルサイト
http://www.dewa19.com/

追記:
Youtubeに"Elang"の映像ありました。
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/54-8f8a26fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。