スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Secangkir Kopi Hitam

2006. . 23
日本人留学生の良き相談役として知られるバンドゥン在住のKelapaさん。 アートやユースカルチャーにも造詣が深く、90年代後半に盛り上がった バンドゥン・インディーズ・ムーヴメントをまさにリアルタイムで体験して きている方であり、私自身も色々な情報を随分と参考にさせてもらっています。
そのKelapaさんの現在の情報発信元がBlog「インドネシア日めくり帖」。 アクセサリーショップPutih ManisのWeb Site内にある同BLOGは、バンドゥンでの 日常生活、インドネシアならではの出来事等に加え、ディープな音楽情報に ついても触れられており非常に興味深いです。

その「インドネシア日めくり帖」で紹介されていたのがこの「Secangkir Kopi Hitam」 =一杯のブラックコーヒーです。

小説・イラスト・音楽をワンパッケージにした言わばマルチメディア作品で、音楽は LAINZEKE AND THE POPOのZeke(Khaseli Gumelar)が担当。ZEKEといえば個人的に も非常に注目しているアーティストであり、早速入手してみました。

***

    Eunice nuh Tantero (Novel), Haris Khaseli Gumelar(music), Stephani(Ilustration)

    "SECANGKIR KOPI HITAM - Sebuah Karya Kolaborasi- "
    Avatar Press ISBN 979-99816-1-1
    まずは冒頭の紹介文をはしょって引用。

    "Zeke(Khaseli Gumelar)の11の楽曲をベースにした11の物語とそれを視覚化した11の挿絵。 物語に香り、即ち音楽と挿絵を添えることにより、今まで味わったことのない イマジナティヴな世界へいざなう試み。 各々の物語はダークだがアガサ・クリスティーの重さはなく、例えばヒッチコック劇場や トワイライトゾーンといった深夜のテレビシリーズを思い起こさせる軽いスリラー調。 "ニーナ・ボボ"を歌いながら就寝のお供に"
    ・・とあります。

    全体を覆うのは不条理や狂気、そして死。どちらかと言えば内省的。 奇妙な自殺の方法を選択する男、重役並に付け上がるペットの犬、 自らの死を理解できない男、ゴミを食らうロボット、極限状態に おかれる特殊部隊の兵士・・・。それらは決して刺激的ではなく淡々と、 あるいはシニカルにショートストーリーの中に描かれていきます。
    個人的には何となく昔読んだドナルド・バーセルミを思い出しました。

    イラストは非常にミニマルで愛らしいコンテ(?)orパステル+コラージュ。

    これに加わる音楽は弾き語り、ジャムセッション風、音響派~エレクトロ風、 etc。端的に言えばJanji Joni収録の"1.1Milion Woodcutter" に近い路線。つまり殆どZeke & The Popo
    耳をひく様でもあり、聞き流せる様でもあり。
    気ダルい楽曲群は 既述のショートストーリーと非常にマッチしています。

    因みに実際に「読みながら聴く」と言うのを試してみたところ、 音楽が勝ってしまう印象がありましたが、これは個人的嗜好かも。 勿論別々に鑑賞してもよいわけで、何れにせよ相乗効果はあります。 まあこれが紹介文にあるように「新しい」のかといえば「そうじゃね-だろ」 と野暮な事を言うつもりはないですが(笑)、試みとしてはやはり面白い ですし、作品として充分楽しめるものであることは間違いありません。 最近のジャカルタインディーズの中でも注目すべき作品と捉えて良い と思います。



***
さて当然「読み物」ということで問われるインドネシア語難易度ですが、 新聞記事の簡単なものをある程度読めるレベルなら大丈夫そうな気がします(多分)。 何しろ正式に習った事のない私もそれなりに読めちゃったので。 ・・・いや、わからん単語結構すっ飛ばしてますが。(笑) その意味ではインドネシア語の初級の方のテキストにも使えるかも知れませんね。
さらに問題の入手方法ですが、残念ながら今現在はインドネシアQB Worldから 直接取り寄せる以外に手段があるのか判りません。紹介しといて無責任!と 言われそうですね(大汗)。

・・・う~、スンダランドさんあたり入れてくれませんかね?
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/42-a743fa3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。