スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OST "Berbagi Suami"

2006. . 17
インドネシア初のゲイフィルム「ARISAN!」を監督したNia Dinataの新作「Berbagi Suami」(2006年)のサントラ。Kalyana Shira Filmとしては「Janji Joni」に続きまたしてもAksaraレコーズとのコラボ。Nia Dinataのアクサラに対する惚れ込み様が伺えます。

音源の前に映画の内容を一応紹介しておきましょう。

***

テーマは「複婚」。つまり一夫多妻制。現代インドネシアでは少数派とは言え、未だ消滅していない現象で、映画では三つの社会層に於ける「複婚」の情景が描かれています。

最初は産婦人科医Salma(Jajang C Noer)の物語。Salmaは政治家である夫の内縁の妻の存在に心を痛めますが、その子供を目にし、内妻を第2夫人として受け入れる事を決心します。

二つ目はジャワの田舎娘Siti(Shanty)の物語。都会での進歩的な生活を望むSitiは彼女をジャカルタに連れてきた運転手Liknyaの第3夫人に。一つ屋根の下、庶民階級の3人の夫人達のユニークな生活が描かれます。

3つ目のエピソードは華僑。レストランの看板娘Ming(Dominique)はオーナーに気に入られ、内縁の妻に。 ところが何不自由ない生活を送っていたMingの前に現れた元恋人(映画監督)の映画出演の誘いに、 彼女は囲われの身である事に不自由を感じ始め・・・。

・・・とまあ、Web上の情報によれば上記の如く、一夫多妻制についてはプロでもアンチでもないオムニバス映画という雰囲気。なかなか面白そうなので早いとこ映画を見てみたいです。
(因みにトレイラーはコチラで⇒⇒http://www.berbagisuami.com/downloads.htm

***

で、件のOSTですが、OSTが映画そのものを凌いでしまった「Janji Joni」と比較すると、コチラはあくまで「OST然」としたOST。従って独立した音楽作品として評価するのは難しいのですが、Aghi Narottamaらによる楽曲郡はなかなかに魅力的です。


***

    V.A.
    "OST Berbagi Suami"
    Aksara CIAKR OBB 010
    Aghi Narottama, Bemby Gusti, Ramondo Gascaroら、Lain~Sore等Aksaraの中心的ミュージシャンを制作の主体に迎え、Sore、Whiteshoes & Couple Company、Rez Trioと言った単体グループとRiza Arshadらのゲストを迎えたOST。室内楽によるテーマと変奏、スウィング・ジャズ、ソフトロック、童謡などの多彩な楽曲郡は当然のことながら映像的で、どことなくNino Rotaを連想させるような雰囲気もあり。一方White ShoesやSore+Riza Arshadらのオリジナルトラックも充分聴きモノ。特にWhite Shoesの"Sabda Alam"(Ismail Marzuki作)は「まんま」です。SoreのAde Palohがヴォーカルをとる"Bengawan Solo"も中々雰囲気があってグー。 前述のように単体の音楽作品としての入手は必ずしもお奨めしませんが、SoreやWhite Shoesのダイ・ハード・ファンは入手しても良いかも。


***
⇒⇒Berbagi Suami オフィシャルサイト
⇒⇒Aksara Records

関連記事
スポンサーサイト

comment

EXPO1970
初めてコメントします。WHITE SHOESのダイ・ハード・ファンなので入手したいのですが日本でも変えるのでしょうか?
2006.06.28 23:53
EXPO1970さん、コメントありがとうございます。
現時点で日本で購入できるかどうかはわかりません。
ごめんなさい。

今のところ検索してもかかりませんよね・・。

少し待てばEl Surとかサンビーニャ、HMVなどに入荷されるかもしれません。


基本的に私は現地購入が主なので(汗)

White Shoes私も大好きなので同じ嗜好
の方がコメントくださるのは凄く嬉しいです!

一応下記からiTunes Storeへ行くと試聴はできますので
ご参考まで。
http://www.equinoxdmd.com/berbagisuami/default.htm
2006.06.29 21:34
-
ご回答ありがとうございました。以前WHITE SHOESをご紹介のときに「M-3、M-4、M-8などはモロ"LCLR"」とあったのが気になって仕方ありません。しかもこの3曲がアルバムで私のお気に入り!この辺のCDも売っているのでしょうか?
質問ばかりですみません。
2006.06.30 05:54
LCLR(Lomba Cipta Lagu Remaja=青年作曲コンテスト)の音源は1977年(多分第1回)と
1978年の再発が確認できています。ポップクレアティフ黎明期のサンプルとして非常に
興味深いです。

で、White shoes的なのは1977年のほうです。ただ聴きようによっては単に古臭いポップス集と
思われるかもしれませんので手放しでお奨めできるかと言うと微妙です。(汗) 
White Shoesを聴いてLCLRを連想はするけれども、LCLRを聴いて即座にWhite Shoesを連想するかと言うと、
「?」という感じでしょうか。

ただ古い音に抵抗なければ寧ろかなりお奨めですよ!

問題の入手方法ですが、下記リンク先には一応1978年はあるようですが、1977年は廃盤なのか。
う~む。
http://www.binadesa.com/store/catalog/product_info.php/manufacturers_id/49/products_id/301?osCsid=b015faea60709166f4c438c145b7155f

もう少し探してみますね。
2006.07.01 14:32
EXPO1970
ありがとうございました。LCLRってバンド名じゃないんですね、勉強になりました。古い音楽は大好きなのでますます探してみたくなりました。
また色々と教えてください。ありがとうございました。
2006.07.01 23:54

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/41-66395724
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。