スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Janji Joni"とIndonesian Indies(6)

2006. . 26
で、漸くJanji Joniです。

インドネシア初のゲイ・フィルムとして注目を集めた「ARISAN!」のプロデューサー、Nia Di Nata。そのArisanでCo-ProducerをつとめたJoko Anwarが初めて監督した映画が「Janji Joni」(ジョニーの約束)です。この映画を制作するに辺り、サウンドトラックに関しては当初某メジャーレーベルの大物バンドが候補に挙がっていたそうですが、 一つのバンドにOSTを任せて単調になることを恐れたプロデューサーのNia Di Nataは偶然耳にして気に入っていた「JKT:SKRG」収録の「Joni In My Head」(Teen Age Death Star)が映画のイメージにピッタリと判断し、Aksara Recordsにサントラを担当させる運びになります(⇒記事)。 この判断が結果として殆ど無名だった幾多のバンドを一気にオーヴァーグラウンドに押し上げ、メジャーとは別次元で極めてハイレヴェルの音楽/ミュージシャンが存在していることを一般リスナーに認知させたのです。



***

    V.A. “OST Janji Joni” Aksara Aks005
    全くタイプの異なる11のバンドによる傑作OST。収録バンドはThe Adams、Ape On the Roof、Sore、Zeke & The Popo、Teen Age Death Star、Media Distorsi、Goddnight Electric、White Shoes & The Couple Company、Tommorow People Ensemble、Sajama Cut、The Jonis(最後のSalvatore MamadouはZeke & The Popoの変名)。
    ガレージパンクからクラブ・ジャズ、テクノ、ネオアコ、いんちきファンク、音響、、とヴァラエティーにとんだ楽曲が収録されており、OSTとしても充分ヴィジュアルなのだが、それ以上に絶妙の選曲と曲自体の良さで、結果としてジャカルタインディーズ最良のサンプル集となった。いやホント、ここまでやられると諸手を挙げて万歳三唱。クール且つスタイリッシュ。
    監修はThe Jonisのリーダー、ダフィッド・タリガン。
***


ポップ且つ、テンポの良いドタバタコメディーとして映画そのものも興行的にかなりの成功を収めたようですが、それ以上に上記のOSTの意義は今までのコマーシャリズム依存に見事に風穴を開けた点においても大きいと思います。 前回挙げたSOREはそのインタヴューで「AKSARAと契約したのはなんら制限を設けないというのが最大の理由だった」と述べ、Janji JoniのサントラのきっかけになったTeenage Death Starは「聴くものが居ようと居まいとやりたい事を続けるだけ」と発言しているように、「ミュージシャンがやりたいこと」を貫いて商業的にも成功したまさに幸福な一例と言えるでしょう。既述のように、今までもメジャーに出てくるインディーズ・バンドは幾らでも居ましたが、メジャーのフィルターを通さず、しかもマニアックな音楽性を前面に押し出したバンド達が表舞台に立った、という事実は「革命的」と表現しても大袈裟ではないと思います。と同時にリスナーももはや「ありきたり」「お仕着せ の音楽では満足できなくなっている、という事が顕在化してきているのかもしれません。
因みにインディーバンドを集めてOST、というパターンはJanji Joni以外にも幾つかあるようですが、Janji Joniほどの成功には至ってはいない様です。

映画の成功は映画のヒロインMariana ReataのLUX石鹸のテレビCM起用に至ります。このCMで流れるのがジャカルタ・ネオアコの雄、White Shoes & The Couple Company

***

    WHITE SHOES & THE COUPLES COMPANY "White Shoes & The Couples Company" Aksara Aks006
    凡百のカーディガンズ風ネオアコ/ギターポップということでなく、70年代の初期 ポップ・クレアティフ/インドネシア流ソフトロックを極めてスマートに 取り入れているのがユニーク。ぶっちゃけM-3、M-4、M-8などはモロ"LCLR"。 この辺が好きな人は卒倒もの。ノスタルジア路線も冒頭からスクラッチノイズを入れる 徹底振り。正直既述記事では「LCLR風」というのを否定的に用いてきたが、彼らの場合は あくまで確信犯。 CDはエンハンスド仕様となっており、フォトギャラリーに加え、わざとらしすぎるPVも収録 されてて最高。
    ⇒equinoxdmdで試聴


***




続く~。
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/33-ec370c93
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。