スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bintang Jatuh

2005. . 06

どーも設定がうまくいかんですね。CSSの知識無いとやっぱ苦しいわ。

で、いきなり映画です。3月に日本で公開される「ビューティフルデイズ(Ada apa dengn Cinta?)」の原型と言ってもいいでしょう。監督は前述のAda Apa Dengan Cinta(以下"AADC")と同じルディ・スジャルウォ。ストーリーは大学を舞台にしているものの、AADCとほぼ同じ。AADCでは大きな要素として扱われる「詩」も比較的重要な要素として出てきます。完成度としてはテレビ・ドラマ・プラスα程度のものですが、力んで作られていない分、ディアン・サストロの演技が印象に残ります。ほぼ実年齢に近いせいもあるでしょうね。結構面白いです。


さて、何故コレをインドネシア音楽にカテゴライズしたのかと言えば、音楽担当がKrisna Prameswara、つまりDiscusのキーボード奏者なんですね。まあこの作品においてはあくまで裏方に徹しているというか、特筆すべき内容ではないですが、こんな仕事もしてたんだなあ、と。


Discusのメンバーとディアン・サストロはこれ以外にもつながりがあります。件のAADCではMelly Goeslawが音楽担当ですが、ココでのドラムはDiscusのドラマーHayunaji。

更に当時、実生活ではDianとHayunajiは恋人同士。
元々クリスチャンのディアンがイスラムに改宗したのはコレと何か関係あるんでしょうか?

・・・まああんまり勘ぐってもしょうがないか(笑)。

関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/3-08edb711
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。