スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年

2012. . 31
うー、今年は印象に残るイヴェントも音楽も非常に少なかった。というのも仕事があまりに忙しく、日本に帰ってもライヴ見る気起こらなかったし、ミクさん依存が益々重篤になって来ているし。



■音源
-SENYAWA "with 内橋和久"-
インプロ/アヴァンギャルド系の日本・印尼共演っていつか実現しないかなーと思ってたんですが、漸く来ましたね。ZooのヴォーカルRully Shabaraと特殊楽器Bamboo Wukirを操るWukir Suryadiのデュオ、SENYAWA。海外での活動にも積極的なようで、オーストラリア公演のDVDなんかも出てたりしてますが、シンガポールで内橋和久と共演したのがこのデュオ作の発端とのこと。内橋和久については、特に説明不要でしょうし、SENYAWAおよびデュオの各々の来歴は拙BLOGの過去ログ見てください。コピー枚数が少ないのか入手がちょっと難しいのが惜しい。
http://bit.ly/Wewt0s

Senyawa & Uchihashi Kazuhisa from Yes No Klub on Vimeo.

因みにZOOも年末に新作出してますが、めんどくさくて未注文。何度かツイ ートしてる花崗岩ジャケットのそれです。

-Mouse on The Keys "machinic phylum"-
EP。やっぱプログレ耳にはド真ん中杉。かっけー。缶コーヒーRootsのCMで 使われた曲も入ってます。OTOTOYからの高音質音源で購入。
http://bit.ly/W9RCZr



-Mouse on The Keys "irreversible"(DVD)-
2011年の欧州ツアーの映像。演奏内容も圧巻ながら絵的にもホント綺麗です。でツアー中に東北の震災。MCでコメントしているシーンがあって、グッと来ます。


-The Observatory "Catacombs"-
シンガポールのポストロックバンド、2012作。70thな作風の前作と比べると、なんつーかLate80th。ゴシックアンビエント。後期SPKとかDiamanda Galasとか連想させます。
Asian Rock RisingのCinta Kecil氏による解説
http://blog.fmyokohama.jp/rockdrive/2012/08/53-4cfb.html




CATACOMBS by The Observatory Trailer1 from The Observatory on Vimeo.


http://bit.ly/SXXTq4
http://www.asianrockrising.net/product/752



-佐藤允彦&サイファ "ISOMER"-
2010年リリース。2009年のノースしー・ジャズ祭でのライヴ音源。導入部がArt Zoydみたいで全体的にはArchie ShepとかCharles Mingusっぽいというのか。チェンバーでフリーで和ジャズ。すっごい濃いです。
http://amzn.to/Ts7VUr
http://ow.ly/aG3IS

-初音ミク最後のミクの日感謝祭(DVD)-
ええ、ミクパと両方買いました。蛇ロテです。特に感謝祭の方、演奏の気合凄くて。以前はドラムすげーと思ってたんだけど今回はベースが(も)鬼。

コンポーザーとしては、良く知らなかったOSTER無双。ふと頭をよぎったボカロ界のバカラックって、すでに言われてたんですね。グラフィックも益々充実、ただミクパの方で時にクレクレタコラみたいな口になってしまうのは何とかしてw。
にしても以前は「本質でない」と頭の片隅で思ってた"アイドル"としての存在感が益々凄くて、なんやかんやでSEGAの功績デカイんちゃうか。考えてみれば幼少期にサンダーバード~辻村ジュサブロー、大人になってブラザース・クエイ、の感性には受け入れやすい。少し前なら電気嫁ハダリーとかロボットマリアとか、アングラちっくな存在が、あっけらかんとポップアイコンとして存在してて、逆に小難しく考るのも又吉。人口音声としてはこっちのBLOGエントリーがおもしろいです。↓↓↓

キープ・クール・フール

2012年のロボ声論~The Man Machine / Ghost In The Shell
http://ow.ly/9YCad

■プログレ
なんだか最近復権しつつあるんでしょうか?まあ自分の好きなジャンルが妥当な評価を得るっていうのは嬉しいんですが、今一ピンとこない。 そんな中、非常に印象的な学生さんのプログレカバーが

ざっぱ。


ちょっと初々しい感じですが、ディスクスもやってます




・・・最近のとどめはやっぱコレだろうな。


■インドネシア
旧譜再発すすんでます。個人的な注目アイテムはSuperkidだったんだけれども、水準の出来。ハードロックとしては当時の日本のレベルとも十分戦えるレベルながら、ありがたみの点では今ひとつ。

そういえばインドネシアの新しいプログレコンピ出てます。
http://www.amazon.com/dp/B0091P6L1M
ドットコムでしか買えないみたいでまだ聴いてないんだけど、半分くらい地雷の予感。ただこの中でマスロック系のAttilionは確実に良バンドなので、ご興味ある方はぜひ。


ジョグジャのマッチングモールこと I KNOW YOU WELL MISS CLARAMoonjuneからリリースが予定されてますが、2013年になるのかしらん?


MoonjuneといえばLIGROの2nd漸くリリース、演奏・楽曲ともに充実ながら 、あまりに酷い音質で思わずアマゾンに辛口コメント。 いや、カッコいいんですけどね。

他、インディー系ではこのドキュメントが面白いので如何
Vincent Moon's Indonesian Music Explorer
http://vimeo.com/album/2175364


あとここ。ハードコアからジャズまでサンプル網羅。いまどきのインドネ シアのおいしいところ知るには好都合
INDONESIA CUTTING EDGE MUSIC AWARD 2012
http://www.icema.co.id/icema/vote/favorite-song-2012.html


■他
知人がジャカルタ・Kemangにカフェをおーぽん。キッチュでビザールで樹脂円盤ジャンキーな憩いの茶屋。ソフトオープニングの時にしか行けてないのですが、希少盤試聴の連発で脳汁出まくりました。店内にカキリマ(屋台車)を利用したDJブースとか、昔のローカル映画のピンナップとか、ある種の萌えアイテムも充実。雰囲気はこっちでわかるかな。
Cafe Mondo
https://www.facebook.com/CafeMondoJkt


・・・え~私自身のモノづくりは難航しております。2個目。いつになったらできるやら。
閑話休題。
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/215-41d1f200
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。