スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IWAN HASAN (Discus,Atmosfera)インタビュー Trijaya FM

2012. . 05
パレンバン(南スマトラ)のFM局、Trijaya FMのPOD Cast,"Iwan Hasan インタビュー"を和訳テキスト化してみました。すでにTwitterでは粗っぽいものを公開してますが、ある程度の整理と参考になるリンクも含めて再構成。 インタビューは2012年6月11日のもの。Discusがまさかのテレビ出演した直後のもので、脱退したはずのDiscusの今後の動向にも少し触れています。

*意訳及び少々の省略箇所あります。誤訳についてはご指摘くだされば助かります。

元のPOD CASTはこちら(約30分)↓

URL:http://www.trijayafmplg.co.id/2012/06/iwan-hasan/


TF:Trijaya FM
IW:Iwan Hasan

BGM "Condissonance". (Discus 1stより)..
TF:これはどういうコンセプト?
IW:抽象絵画みたいなかんじかな。協 和音と不協和音。説明するのは難しけど。
TF:早速なんだけれども、Discus、先般TV出演したこともあり沢山問い合わせがきてます。 。結局のところどうなんでしょう?
IW:う~ん、ホントはバンドとしては正式には解散というとこではなくて、休止中ってとこかな」


TVone "RadioShow" 出演時の映像(約48分有ります)


TF:脱退したと言う話だったけど?
IW:まあ確かにバンドは自分抜きでやろうとしたけれど、結局合う人間がいなかった、てことみたい。 でHard Rock Cafeのライブ( 2011年10月)にゲストとして出てたんだけど、その後も連続してオファーがあって、結局、そのまま参加してるって感じ。で、先般のTVoneの出演も、折角だから全部やったら、ってことで結局全編参加することに。
TF:ということは今後の活動は期待して良いと言うこと?
IW:NOとは言えないね。因みに今(インドネシアの)プログレ・コンピの話が有って、収録バンドにはDiscusと Atmosferaが入ってる。まだ先の話だと思うけど。

Negeri Cinta Accoustic Version
@Indie Sounding Band Indie Radio Online


IW: ....AtmosferaはVoのFitraが本来JAZZ畑だし、アルバムとしてはポップよりだけれど、プログレってことならプログレもやる。因みにコンピ盤の計画は自分じゃないので 他の参加バンドはわかんないけど。

***


TF:ハープギターについて聞きたいんだけれど、普通のギターとどう違うの?
IW:21弦あって・・・ハープでもあり、ギターでもあり。米国で学んでた時に先生が弾いてて。ハープギターは15世紀頃に起源があって、詳しくはハープギターのWebsiteみればわかる。

http://www.harpguitars.net/index.htm


....で、師匠のJohn Doanが自身のバージョン作ってCD作って。...因みにPat Methenyもハープギター演奏してるけど、前面に出してるわけではなくて、あくまで電気ギターが主体。でもJohn Doanはハープギターだけのアルバム作ってる。ハープギターは80年代終わりから91年まで習ってて、一人はJohnDoan,あともう一人にも。


John Doan


http://www.johndoan.com/

TF:ハープギターの製作はJohn Sullivanでしたっけ?
IW:知ってるじゃんwww、まだ言ってないのになんでなんでwww....
で、John SullivanがJohnDoanのを製作、私用にJohn Doanのプロトタイプと同デザインのものを製作。で、2000年頃にハープギターのコミュニティーが米国で活発になってきて、欧州にも広がった。で、色んなタイプが生まれたんだけれど最も多く使われてるのはJohn Doan タイプ。近年Harp Guitarはますます盛んになってるけれども、自分はJohnDoan直伝のごく初期からのHarpGuitar奏者と言うことになると思う。
因みに先般のTvOne"RadioShow"で使ったやつはインドネシアで作った新しいやつで、John Doanモデルに基づきながらエレクトリック方向にアレンジしてある。ピックアップはインドネシア製のPiezo。Piezo付いてるハープギターは世界でもこれ一本だと思う。他の多くと違って、バンドでハープギターを用いるが故の仕様ってとこかな。
TF:ハープの音色とギター以外に色んな音は作れるの? 例えばBalawanがタッピングでやってるような?
IW:うん、まあタッピングも出来るけど。・・・タッピングもノーマルな音ではないよね。まあせっかくのハープギターだし、ならではの音が出るのが本質かな。海外でタッピングやってる人も居るけど、Balawanとは違う音だよ。

Balawan plays Putri Cening Ayu






***


TF:続いてはChamber Jazzの話題ですが面子はAndien,Melly Kasihman, Eggar Widodo・・・で、ここでもハープギター弾いてますよね?・・・Static Motionだったかな

Static Motion


IW:確かにやってるけれどアレはソロ演奏。Chamber Jazzだと、Javanese Suitsっていうのをやってて、これはAndienがジャワ的なものをやりたいってことで作ったんだけれど。ただしこの曲はハープギターじゃなくて普通のアコギター。弦にホチキスの針とか紙とかを絡めてエフェクター無しでガムランみたいな音を出してる。

Chamber Jazz "Javenese Suites"


TF:実はChamber Jazzの話題を出したのはわざとなんだけど、どうしてもDiscusの話題ばかりになってしまうので。 その辺はどう?
IW:自分にとっては音楽は音楽で、1ジャンルに限定されるものではなくて。例えばUnguのアレンジャーやったり、PIYUの曲とかAndi Rtiantoの「Sakit Hati」の弦楽アレンジやったりしてる。只自分の基礎になってるのはジャズとクラシック。で、Discusはロックだけど、プログレでしょ。実験要素・クラシック・ジャズと色々混じってて、ロックとかメタルの調味料を入れて、作曲パターンはプログレ。
TF:Chamaber Jazzでは何故チューバ使ってるの?非常にユニークだと思うんだけど
IW:う~ん試すのが好きだからかな。20世紀初頭の古典ジャズ、ラグタイムとかディキシーの時代はベースパートとして、結構チューバ使ってるし。クラシックでは現代音楽にいたるまでチューバは使われてるよね。でChamber Jazzではクラシック、室内楽の要素織り込むけれども演奏するのはジャズ。でチューバは古典ジャズ的に使うのではなくね。
チューバの利用は実験でもあるんだけれども、やっぱり古典ジャズで使ってて、新たなジャズで使いたいってことかな
TF:室内楽なのはアコースティクだから?それとも古典ジャズだから?ってリスナーから質問されてるんけど
IW:確かに室内楽は通常クラシックで使われる用語だよね(以下室内楽の説明略)、でChmaber Jazzっていうコンセプトは自分が発明したわけではなくて、多くは無いけど他にもあるよ。まあ室内楽の形態で ジャズを演奏するって思ってくれればいいと思う。

***


TF:OK、さてIwan Hasanの今後はどう?Chamber Jazz、Discus、Atmosferaのどれかに集中するのか、又何か 別にある?
IW:自分のメインバンドはAtmosferaだけれども、それぞれだね(やってくの意味?)。Chmaber Jazzはラマダ ン明けに活動再開するし、Atmosferaは2枚目のシングル出すし
TF:なんて曲?
IW:Sampai Akhirっていうんだけど

Atmosfera "Sampai Akhir"


IW:...でさっき言った様にDiscusとAtmosferaはコンピ用の曲作るし、で、ホントはもう一つあるけれども、現 時点ではまだ言えなくて。とあるプロジェクトの音楽監督なんだけどねw
TF:OKw....Atmosfereについては結構売れ線だし、「商業音楽だ」とか理想の追求ではない、という評価もあるようだけど(笑
IW:まあ評価は色々あるだろうけど、自分にとってはこれも音楽ってことだよ。実際商業音楽の分野に携わり始めたのは特に最近というわけではないんだ。ヒットしたUnguの"Demi Waktu"のアレンジとピアノは自分だし、"Kekasih Gelap Ku"とか"Cinta Dalam Hati"もそうだし。

Unggu "Cinta Dalam Hati"


IW:...彼らのアルバムには5年間6作品かかわってきたし。最新のはちがうけど。それからPIYUの今のやつ、ST12も 以前携わってるし。ただ、ポップミュージックって(裏方で)誰が携わってるかって普通見ないよね。だから(自分が関わってきた事)知らないんだと思うよ。つまり、Atmosfera以前からメインストリームのポッ プミュージックには関わってきてるって事。
TF:Atmosferaには非常に熱心にみえるけど?
IW:勿論。他人の音楽でなくて、望む事やってる自分のバンドだからね。なんというか それぞれのバンドで自分の場所があるっていうか。聴いてる音楽も色々だし、Discusみたいなへヴィーな音ばかりじゃなくてもポップスも聴いてるし。・・・あ、そだ、さっき言い忘れてたけど、もう一個ジャズバンドやる
TF:名前は?
IW:あー、Iwan Hasan Quintetでいいやw
TF:新しい情報が聞けてうれしいですね。参加メンバーは?
IW:ドラマーがクリフ、ベースがビクター、キーボードがメタ、あとサックスが居るんだけれどもまだ固定でなくて。ただ曲はもう書き始めてる
TF:コンセプトは?
IW:インストバンド。なんていったらいいのかな。難しいね
TF:例えばフュージョンぽいとか・・・
IW:フュージョン、ポストバップの間かな。よりスタンダードな作曲法を用いてる。まあモダンジャズってことで。フュージョンとはいえないと思う
TF:了解、もう30分なので最後の質問、今後共演したい人とその理由は?
IW:え゛? 国内?海外?
TF:海外でw
IW:うひゃ、突然すぎて難しいな。たくさん居るよ。
TF:是非という人は?
IW:・・・ウェイン・ショーターかな
TF:理由は?影響受けたとか?
IW:好きだからかな。・・・コルトレーンが生きてたらコルトレーンwww TF:www・・・いろんな情報ありがとうございました。各グループもますます活動盛んにな こと期待してます
IW:GIGIのBudjanaも色々やってるでしょ。( 自分の多岐にわたる活動も)そんな感じに捉えてもらえれば良いとおもってます。

(おしまい)

関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/213-2d945636
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。