スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【つくってみた】ボカロでポップ・インドネシア

2011. . 27
一部のボ-カロイド・リスナーの間では、既にインドネシアのボカロPさん達による作品が話題になっていますが、そのクオリティーもなかなかのもので、音楽大国であるとともにサブカルの分野でも益々存在感を増すインドネシアならではですね。 先駆的存在としてmeijuniさんのこの作品が今だ話題の中心のようですが、6月に発表された複数のボカロPによるコンピレーション「Vocalo.ID」はバラつきはあるものの、曲によってはかなり完成度が高く、一聴の価値があります。ピアプロに全曲アップされていますので興味ある方は下記のリンクから。

http://piapro.jp/VOCALO_ID_Project

で、私自身はツールとしてのVocaloidには興味を持ちつつ、基本インスト志向故、自分で使うには用途を見出せませんでした。ところがある日、偶然メロトロンソリーナ等のヴィンテージ・キーボードのVSTがあることを発見。で、これらを使ってみたらかなーり良い感じではないですか。ソリーナ、メロトロンといえば70年代中期以降のインドネシア・ポップ御用達、ここでボカロ使ってカバーしない手はない思いつき、勢い余ってバイリンガルな「巡音ルカ」さんを購入。その後の試行錯誤の結果できたのが以下です。




*youtubeにミックス改善版うpしました(2011 Oct 29)
↓↓↓
 


以前からDAWはMTRの代用的な使い方はしていたのですが、ボカロ処女作・DTM処女作・コードの知識ほぼゼロ、といった状態でエライ苦労しました。ミキシングもあんまり良く判らず、酷い耳汚しかも。70年代っぽく聴こえれば良いのですが・・・・。
インドネシア語の発音については、巻き舌Rや曖昧音などは日本語バンクで結構いける感触。ただ語尾のH等、無声音の処理は、ちょと苦しく省略箇所多し。英語バンクはちょっとしか使ってません。英語バンクの発音だとな~んか違うんですよね。・・・もっともこれが、ネイティヴの方にどう聞こえるか全く自信ありません(大汗)。

元曲はポップインドネシアの大御所、かつポップ・クレアティフの先駆であるChrisyeが関与したOST"Badai Pasti Berlalu"収録。アルバム自体はOSTと言うだけでなく、ポップ・インドネシアのクラシックとして今だ評価が高く、Chrisye自身がErwin Gutawaと組んで2000年にリメイク、Chrisyeが逝去した2007年にはOSTは勿論映画そのものがリメイクされています。
1977年のこの作品、共同製作者としてEros Djarot、Yockie Suryoprayogo、Nasution兄弟といった、当時のプログレ~Guruh Gipsy人脈の面々によるもの。昭和の昼メロ的な要素も含みつつ、前述のキーボード群やクラシカルなメロディー等、全体的にはかなりシンフォニック。近々オリジナルがCDで再発されるという情報もあるようです。

以下は使用したフリーVSTのリンク。

1.VST Instruments
Mellotron :Tapetronic http://www.vst4free.com/free_vst.php?plugin=Tapeotronic&id=799
Solina : EsLine http://www.vst4free.com/free_vst.php?plugin=Esline&id=792
Moog : Minimoogva http://glenstegner.com/softsynths.html
Organ : AZR3 http://untermkittel.de/rumpelrausch/?PLUGINS

2.VST Effects & Equipments
Compressor : geneComp  http://www.kvraudio.com/db/buzcomp_free_genecomp_by_buzzroom
Reverb : epicverb http://varietyofsound.wordpress.com/2009/01/01/epicverb/
Equalizer : lpgEQ http://www.geocities.jp/webmaster_of_sss/vst/#lpgeq2
Bass preamp : Ronald Passion(これインドネシア製) http://rekkerd.org/ronald-passion-releases-bass-preamp/

もう一曲カバー作ろうかどうしようか悩み中。


id=799
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/201-3536037d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。