スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒例の「夏物・イタモノ」

2005. . 06
えー、漸く暑くなって参りましたが、というか猛烈に暑い。 暑い時には熱い音楽がやはり合う!・・・とか言うと「またインドネシアモノかい」 などと思われそうですが。
基本的に夏はやっぱりイタリアです。つか、イタリアものって 何となく暑さを肯定するような音に感じるんですよね。なんでか知らんけど。 特に今年は某名人による某名盤の再録が発表されたこともあり、コレを紹介 しないわけにはいかんかなあと・・・。

というわけで以下の盤は夏の旬のうちにシチュエーションによって聴き分けていただくと嵌ると思います。できればエアコンはOFFで。

MAURO PAGANI
「Creuza de MA」
BMG Ricordi OMM001
日本盤も出たFabrizio De Andreのウルトラ級の名盤を共演者パガーニが自ら再録。 原作のイメージはほぼ保たれているが乾燥度は若干減退、パガーニのだみ声ヴォーカル が逆に濃度を加味。「ワールド・ミュージック」としての厚みを増したようにも感じる。 又原作オリジナル以外にDe Andreの全く絡まないM-7、Ivano Fossatiとの共作M-10、M-11など も収録されているが違和感無し。というかM-10はこのアルバムのベストチューンかも。 パガーニは相変わらずヴァイオリンは弾いてないものの、ブズーキやウードを主に演奏、 なかなかの聴きモノです。
因みにLive8のローマにもこの編成で出演しており、サイトに行けば今現在は映像も見られます。
⇒Mauro Paganiオフィシャルサイト


INDACO
「Terra Maris」
Helikonia HKVS1102
2003年のこのアルバム、スタヂオ作としては4作目。プログレ関係の方にはRodolfo MalteseとPierluigi Cardeloniの参加でBanco別働隊という位置づけか?。ただしこのINDACOはクラシカルなBancoとは全く異なる地中海音楽絵巻。それこそ上記の Creuza de Ma辺りに近いまったりゆったり感がたまらん。メインとなるのはブズーキとヴィオリン。特に和み系の女性Voとの絡みはなんとも言えず。ゲストはDaniel SepeやEugenio Bennato、Mauro Pagani等。特にBennatoは共作も1曲あり。 一部Jazz Rock風になる箇所もありながら、全体の印象は果てしなくトラッドっぽい世界を程よく電気化した極上のエスノポップ。日本にはあまり入荷されてないみたいだけど相当お奨め。


NUOVA COMPAGNIA DI CANTO POPOLARE
「Medina」
CGD 9031 76375-2
さてさていきなり濃くなります。Nuova Compagnia di Canto Popolare=NCCPといえば 1970年代にカンパーニャ/ナポリ・トラッドの復興を企図し見事に成功したグループ。 でわたしゃあんまり持っていなくて、初期のベスト盤と95年の"Tzigari"、97年の"Pesce D'o Mare"ぐらい。でもこれらの作品を聴いた限りではなんだか杓子定規な印象もあり、今ひとつぴんとこなかったのも事実。その後、92年のこの作品を手にしたわけですが、いやはやスんゲえ良い。演奏もヴォーカルも力強く、適度な哀感とギラギラした陽光のような明るさが混在し、思わずこちらも拳握りたくなります。何よりも全体に満ちる土臭さが南イタリアの雰囲気を濃厚に感じさせるのが良いです。最高。 Musica Novaの2ndでも採り上げられた"Moresca dell Gatto”も収録。聴き比べも面白いかも 。
⇒NCCPオフィシャルサイト


EUGENIO BENNATO
「Taranta Power」
Taranta power CDTC001
上記のNCCPの結成にもかかわり、後Carlo DangioとMusicanovaを結成するナポリトラッド再興の中心人物Eugenio Bennato。Taranta Powerなるサイト/レーベルを自ら興し、タランテッラの更なる復権を企て中、と思しき彼が生み出したTaranta Power 第1弾。
エネルギッシュなパーカッションの応酬。哀感に満ちたBennatoのヴォーカル。 女性Voのこれまた熱情的な合いの手。電気楽器は殆ど使われていないようだが、 音の分厚さとパワーに圧倒される。トラッド・ファンは勿論のこと、70年代の イタリアン・プログレに毒された方にはかなり強力に作用すると思う。 パガーニの1stソロよりも、寧ろオザンナ/チェルヴェッロ等が好きな方は 要注意。強力推薦盤。
⇒Taranta Powerオフィシャルサイト
(豊富な音源と映像あり。但し判りにくいのとFlashがとろいので辛抱強く見てください)


・・・というような事は実はmwadaさんのサイトにかなり詳しく書かれております(笑)。要チェック!
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/16-06364848
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。