スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GHAUST

2009. . 04
***


GHAUST
(S/T)

Perbaharuan Recordings



ギター&ドラム・デュオというミニマル編成のポスト・メタル・バンドGHAUST。2008年11月リリースのデビュー作。ポストロック/スラッジコア/シューゲイザー等のキーワードからすると、恐らく今時の実験メタルの優等生スタイル。ジャカルタポスト紙の記事"UNDERGROUND HUM"でもかなり好意的な評価。この記事読むとホントに凄いバンドに思えます。
実際今までこうしたバンドは、存在しても中々表に出てこなかったし、Sinjitos/SantamonicaのJoseph Saryufがプロデュースをてがけているのも大きいと思います。私自身も大分前のMyspaceのデモ音源が印象深かった為、非常に期待していたバンドでした。


で、実際に聴いてみた印象。この手のジャンルに詳しくないし、妥当な評価ができる自信はないのですが、う~ん微妙ですなー。なんというか、大きな可能性を感じさせる一方、技量面での未熟さも目立つ、というか。発想は良いのにそれを作品として成立させるまでの力量が足りないと言うか。ちょっとしたディレイの使い方とか、残響音の処理とか、弾き方とか、デュオとしてのコンビネーションとか、諸々が雑で、折角良い具合になっても萎えてしまう。技量といってもハイパーテクニックを用いる必要は無いと思うのですが、この手の音の場合、やはり細部の音の扱いを蔑ろにすると、凡庸なインストロックに堕してしまいます。なんつーか惜しい。個人的にはスラッシュっぽいビートも止めた方が良い様な気がしますが、まあ好みかもしれませんね(笑)。

とまあ、ネガティヴな事ばかりになってしまいましたが、本人達のやる気でどっちにも転びそうな大きな可能性を秘めたバンドである事は確かです。決して聴くに値しないバンドではないですし、寧ろ今後の要注目バンドと言って良いでしょう。 Myspaceにはしっかり音源上がってますので、気になる方は是非確認してみて下さい。

Ghaust@Myspace
http://www.myspace.com/soundofghaust


"AT SEA"


(追記 2009年2月21日)
実況検分を行った某氏によると、ライヴはborisバリの轟音長尺演奏で「CDとは大違い」だそうです。
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/136-6fe8b814
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。