スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EVERYBODY LOVES IRENE "On Second Thought, I Might Change Some Thing"

2008. . 06
***


EVERYBODY LOVES IRENE
"On Second Thought, I Might Change Some Thing"
Demajors (No Number)



現行のインディーズ潮流の中では結構先行していた感のあるEverybody Loves Irene。Portisheadバリの鬱なトリップホップは2004年当時としては洗練されていましたが、「ハイレヴェルながら没個性」と いう印象も否めませんでした。

が、08年に出たこの2作目、ダークでエレガントな 路線は引き継いでいるものの、病気加減が著しく増強されており、可也の充実作です。
全体を貫く耽美な曲調は前作の延長にあるものの、聴覚に直接訴えかけるサウンドプロダクションは、オシャレ指数よりキモい指数への振幅が大きく、個人的には「もっとやって!」という感じ。 母国語を使用したM2だけは普通のポップインドネシア風ですが、英詩の曲になると本領発揮。生々しいヴォーカル、ポストロックの影響も窺える鬱空間の演出、場面によっては80年代英国ニューウェーヴ的な雰囲気も。
M3~M7辺りは特に良く、M7では「キーキー」いうヴァイオリンが一瞬ArtBears。・・・勿論「まんま」 ではないですけれどもw。
音作りはあっさりなのに、印象はアマルガム状。 ハモンドやローズ、アナログシンセ等ヴィンテージ系の楽器使用もポイント高し。今年リリースされたインディーものの中でもSoreについで好印象です。日本でも近々入荷されるようなのでご興味ある方はぜひ探してみてください。

⇒Myspace
http://www.myspace.com/everybodylovesirene


*Youtubeにも複数映像がありますが、音作りが面白いので、まずアルバムを聴くことをお勧めします。
で、2ndからはまだPVが無いようなので、取り敢えず1stの"MementoMori"

関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/123-1ce23cac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。