スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lomba Cipta Lagu Remaja 1977

2008. . 19
Chrisyeが亡くなってもう1年以上が経つのですね。最近良くチェックするBLOG "TIDAK APA-APA" によれば、Vicky Sianiparのプロデュースで新曲が出るとの事。もう新曲は望めないと思っていたのですが、良いニュースですね。

そのChrisyeの名を一躍スターダムに押し上げた曲"Lilin Lilin Kecil"=「小さなロウソク」。 この曲がヒットするきっかけを作ったのが1977年に始まったPrambors FM主催の "Lomba Cipta Lagu Remaja"=青年作曲コンテスト(以下LCLR)。日本で言えば所謂「ポプコン」に近いと思いますが、インドネシアのポップスの新しい歴史を開いたイヴェントとして位置づけられているのはご存知の通り。

Denny Sakrie氏によればLCLR以前の70年代前半のポップスシーンはKoesplusをはじめとするバンド群(日本で言えばグループサウンズ)が優勢で、極シンプルでお決まりの曲構造・歌詞ばかりで新鮮味を失っていた。勿論本格的なロックバンドや新しい事を始めようとしていた人たちはいたけれども、中々商業的な成功には結びつかなかった。
そんな中、当時最新の洋楽の影響を受けた若者達が参加したLCLRは上記の"Lilin Lilin Kecil"他数々のヒットを飛ばし、停滞していたシーン新たな風を吹き込むことに成功しました。

LCLRの若者達が生み出したのは、今までのインドネシア・ポップスには見られなかった、都会的で洗練された欧風のポップス。「ポップ・クレアティフ」と呼ばれるこうした傾向の作品は、以降インドネシア・ポップスの大きな潮流になってゆきます。
LCLRが大きな意味を持つもう一つの点は、James F Sundah, Fariz RM, Raidy Noor, Ikang Fawzy, Dian Pramana Poetra他、現在でも名前を知られる多くのソングライターを輩出したことでしょう。特に1977年の第一回で三曲を入選させたKelompok Vokal SMA III=第三高校ヴォーカルグループのFariz RM, Adjie Soetama, Raidy Noorらは80年代以降のポップス・シーンの中心的存在となるなど、色々な意味で現代ポップスの源泉と位置づけて良いと思います。

***


(Various Artist)
LCLR DASA TEMBANG TERCANTIK 1977
BRAVO MUSIK CDDT030



1991年まで続いたLCLRの内、 現在音源として入手できるのはこの1977年と1978年の2作のみ(+年度不明のベスト盤?もあります)。でこれはそのうちの1977年、第一回LCLR。
アンニュイなラウンジ・ポップからビートルズ風のコーラス曲、何気にプログレな曲等、色々な傾向の曲が収められていますが、どの曲も非常に洗練されていて重さや暑苦しさとは無縁。ダウナーなブルース風の曲すら一種の爽やかさを感じさせます。録音状態の悪さ(薄さ)が故とは思いますが、ソリーナ系のキーボードを多用しているのもその一因かも。

またこのアルバムのシンガー、演奏者達として、Keenan NasutionやAchmad Albar、Jockie Soeryopoerayogo他、ロック系のミュージシャン達が大挙して参加しており(1978ではBenny Soebardjaの名も)、既述の様に「ソリーナ」を含め、当地のクラシック・ロック・ファンには中々美味しい作品となっています。又日本のトワエモアを思わせるM2の"Dalam Kelembutna Pagi"等はWhite Shoes & Couples Companyのファンにも受けそう。

ところでChrisyeが"Lilin Lilin Kecil"を歌うことになった経緯については、彼のバイオグラフィーに触れられています。これによると「偶然オンエアされたGuruh Gipsyの"Smardhana"を聴いた担当者が、そのヴォーカルの繊細さに魅せられChrisyeにコンタクトした」のだそうです。またこの曲は優勝曲ではなく、コンテストに於ける「モースト・ファイヴァレット・ソング」として選ばれています。因みに優勝はJunaedi HSの"Kemelut"。これはKeenanが歌っています。・・歌ってるのはどっちもGuruh Gipsy関係者ですわな。

音質は劣悪であるため、最初は聴き辛い印象もありますが、聴けば聴くほど良い曲が多く、当時のポップシーンを垣間見る貴重な資料としても十分聴く価値があると思います。


kyte_s氏による解説(Euro Rock Press掲載)
LOMBA CIPTA LAGU REMAJA - Dasa Tembang Tercantik 1977, 1978
シンフォ・ポップの伝統
http://kyte.air-nifty.com/musica/2008/02/lomba_cipta_lag.html
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/111-e332a2e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。