スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Imanissimo 大人になったDancing Baby?

2005. . 16
IMANISSIMO
「Z's Diary」
PRS Records 5194332
久方ぶりのインドネシアプログレバンド紹介です。
オーストラリアに生まれ、IKJ(Institusi kesinian jakrta=ジャカルタ芸術大学)を卒業したベーシスト、Iman Ismarを中心とするImanissimo、メタル・フュージョン系のバンドPendulumから分派したスペース・ロックを売りにしたバンドで、先に頒布されたCD-Rでは粗削りながらもある意味インドネシアらしからぬユニークな音楽性で注目すべき存在でした。

で、Sony Indonesiaのプログレ専門レーベルPRSレコーズから発表された本作ですが、うー、なんか惜しいというかもったいないというか。
全体的な作風はドリームシアター+ホークウィンドとでもいうべき雄大でドラマチックなインストロックを展開しており、メロディーの良さは「インドネシアならでは」なのですが、構成力の不足とミキシングの平板さが災いして「のっぺり」してしまってます。音量を上げて聞けばそこそこイイ感じですが、コアなプログレ・リスナーには平凡に聴こえる可能性は否定できません。特にメタルがダメな方は厳しいかも。演奏もまだまだ雑な部分が目立ちます。

一方で光る部分も沢山あり、前にも述べたメロディーのよさ、インドネシアらしからぬミニマルチックな要素等は特筆モノでしょう。安易なエキゾチシズムも極力抑えられており、この点も潔くて好感が持てます。なんやかんやで70分以上を同じようなメロディーとリフで飽きずに聴かせてしまう力量は並々ならぬものがあり、今後に期待が持てるバンドであることは確かでしょう。。

Imanissimoの音源は彼らのオフィシャルサイトである程度聴けますのでご興味のある方は是非試聴してみてください。http://www.imanissimo.com/index.php

因みに何故Dancing Babyの名をタイトルに上げたかといえば、アルバムの主人公であるZさん、どうみても成長したDancing Baby(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

comment

さいと
ERP#25で、紹介しましたよー。
ワタシ的にはけっこう高く評価してます。
いつもはメタル系あんまし好きでないのだけど
これは聴けちゃうつーか。特に後半が好き。
2005.05.18 01:48
ERP次号ですね。楽しみ。
やっぱりどうしてもDiscusと比較しちゃうせいか、一聴目の
インパクトはないんだけど、聴くほどに味が出てきま
すね。私も後半気に入ってます。導入の怪しげなルバッブもイイ感じ。
きちんと音楽の勉強した人たち故でしょうか、全然
長さを感じさせずに最後まで聴き通せてしまうのは
やはり凄いかな、と。

それ故に音質のモコモコ感が惜しい。
2005.05.19 22:47

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ganqtan.blog4.fc2.com/tb.php/11-6491f2ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。