スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ルリー・シャバラ来日】「SENYAWA-デュオの長い道のり」-インドネシア・コンパス紙(2015年1月8日

2015. . 23
内橋和久をはじめ、日本および世界中のアヴァンギャルド系ミュージシャンとの共演で飛ぶ鳥を落とす勢いのデュオ、「スニャワ(センヤワ)」。デュオとしては昨年8~9月、今年5月と、既に2回の来日を果たしていますが、今回はRully Shabara単身で来日。 現状判っている所では、8月28日~29日のヴォイスパフォーマンス・ワークショップ、8月30日に行われる大友良英主催の「アンサンブルズ東京」への出演、9月2日新宿PIT INNでの大友良英とのコラボーレーション。その後はロンドンに飛んでSENYAWAとして公演の予定。

8月28日~29日アンサンブルズ東京 ルリー・シャバラ ヴォイスパフォーマンスワークショップ
28日 東京芸術劇場 リハーサルルームM2(東京都豊島区西池袋1-8-1)
29日 入谷 なってるハウス(東京都台東区松が谷4-1-8 1F)
http://etokyovoicews.peatix.com/

8月30日アンサンブルズ東京
東京駅前丸の内側 行幸通り
http://www.ensembles.tokyo/

9月2日アンサンブルズ・アジア番外編「大友良英+ルリー・シャバラ」
新宿Pit Inn 
http://bit.ly/1DXDEqf



前回・前々回の来日で日本の錚々たる面子と共演し、「その筋」では知名度も高いものと思われますが、本国・マスレベルで脚光を浴びにくいのはこの手の音楽家の宿命。
とはいえ、世界中を飛び回る彼らの存在感は無視できるものでは無くなって来たのでしょうか。インドネシアの大手紙であるコンパスに今年の初めに彼らの記事が載ったので今更ながら翻訳してみます。というか、実は手強い単語が並んでたので今まで放置してました(汗) 記事は前回紹介したMoonJune/Leo Pavcovic氏について執筆iのヘルランバン・ジャヌアルディ氏。文章置き換え、最低限の省略と意訳を行っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。