スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報:Anto Praboe (Discus)

2010. . 24
インドネシアのハイパー・プログレ・バンド、Discusの管楽器奏者であるAnto Praboe(アント・プラブ)氏が、昨日(2010年5月23日)心臓発作の為亡くなりました。サイクリング中に突然胸の痛みを訴えてそのまま、ということで、かなり急の事だったようです。

Discusと言うバンドの始まりは彼とイワン・ハサンの出会いがその発端であり、またAnto氏はバンド名の名付け親でもありました。バンドに於いては、サックス、フルート等の西欧楽器からスリン他インドネシアの伝統楽器までを操るマルチ・ウィンド奏者。そして2ndアルバム"Tot Licht!"を特徴付けた主要素であるユニークなヴォーカルスタイルの持ち主(Breathの爆笑、カルティニ書簡の怒声朗読等)。又その人となりは、冗談好きで穏やかだったそうで、無くてはならないメンバーを失ったバンドの悲しみは図り知れません。 御冥福をお祈りします。

Jazz Dance of the Equatorial Winds (3rdアルバム用?)


スポンサーサイト

JAVA JAZZ "Joy JoyJoy"

2010. . 16

JAVA JAZZ
"Joy Joy Joy"
Inline Music



1980年代を中心とするフュージョン旋風はインドネシアにも波及し、特に日本のカシオペア関連のミュージシャンは、3~40才台を中心にいまだにに高い人気を持っています。またこの時代には幾多の良質なローカルバンドが出現して、大活躍をしました。特にその筆頭格として知られるのが1985年にデビューしたKRAKATAUなわけですが、1990年代初頭の分裂後、スタープレイヤーだったIndra Lesmana(key)、Donny Suhendra(gt)、Gilan Ramadhan(drs)に、ベテラン・サキソフオニスト、Embong Rahardjo、ベーシストAS Matesを加えたメンツで結成されたのがJava Jazzです。今では同名のジャズフェスの方がすっかり有名になっていますが、直接的な関係は全くありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。