スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年

2009. . 31
ひっじょーに簡単ですが、音関係での今年の纏めのようなもの。
もともと記録等は付けない性質で、更に記憶力も怪しいので年間のベスト云々等はやろうとしても出来ないのですが、何となく今年印象に残ったものを挙げてみます。
スポンサーサイト

PRAED @ AIRGIN (11 Oct.2009)

2009. . 27
大分時間経っちゃいましたが、書こうと思いつつ書き損じていたので遅ればせながら。

PRAEDPaed ConcaRaed Yassinによるデュオ・インプロ・ユニット。Raed Yassinについては全く知識無し、Paed ConcaはBLASTのベーシストとしての音には触れているものの、ソロパフォーマンスについてはほぼ無知。で、BLAST=アヴァンプログレ故か、POSEIDONからも公演アナウンスがあり 、これが偶々AIRGINのインプロ音楽祭出演だった事もあって、興味津々にて見に行きました。

訃報:UCOK "AKA" HARAHAP

2009. . 05
70年代のインドネシアの・ロックシーンにおけるトップアイコンの一人、Ucok "AKA" Harahap (本名Andalas Datoe Oloan Harahap)が12月3日、入院先のスラバヤ・ダルモ病院で肺ガンの為亡くなりました。享年70歳(66歳?)。

1967年にスラバヤでハードロックバンド、AKA(Apotik Kali Asing)を結成、同国の本格的ロックバンドの先駆けとなり、70年代にはジャカルタのGODBLESSと並ぶトップバンドの位置を確立。また単に音楽面のみならず、 ステージでの逆さ吊りや棺桶パフォーマンスなど、見せるライヴアクトでも 伝説的な存在でした。

1975年にはソロ活動に移り、GodblessのAchmad Albarとアフロヘアのデュオ、”Duo Kribo"を結成し、映画も作成するなど精力的に活躍。

80年代から90年代にかけては地味な存在となりましたが、近年再びロック・レジェンドとしてスラバヤメタラーの残党と再始動し始めたのは以前書いた通りです。2008年のジャカルタ・ロックパレードでは60才代とは思えぬ、相変わらずのパフォーマンス、その一方で好々爺としてのお茶目なキャラクターが極めて印象的でした。その時はホントに元気で病気の気配など欠片もなかったのですが、今年の8月に病に冒されていることが判り闘病生活に。12月1日にはAKAの旧メンバーも参加した支援コンサートも開かれたばかりだったのですが、こんなに早く逝ってしまうとは。

合掌。

■関連エントリ
Jakarta Rock Parade 観戦記(2)
Ucok AKA & Terapyのライブアクト。逆さづり写真アリ。


Jakarta Rock Parade 観戦記(3)
バックステージでUcok氏本人と会話


Jakarta Rock Parade 観戦記(4)
何故かUcok氏御一行のホテル訪問&インタビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。