スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍 MUSISIKU

2008. . 15
***


MUSISIKU
KPMI
Republika ISBN 97897911021-8



音楽メディアがビニール盤からCDへとシフトしていった中で所謂「先進諸国」では過去のアーカイヴが大量に再発され、更にはインターネットの普及によりその付帯情報も爆発的な勢いで充実していったのは周知の通り。現在ではメジャー、マイナー、あるいは時代を問わず膨大な情報に触れることができ、埋もれた音盤の「再発見・再評価」も珍しいことではありません。

ではインドネシアではどうかというと、過去の音楽作品は"コマーシャルベース"では中々顧みられる事が無く、未だその状況は変わっていません。加えて当地においてはやはり「購買力」という事情も無視できないでしょう。

スポンサーサイト

インディーズ、再編バンドが目白押し-JAKARTA ROCK PARADE

2008. . 15
7月11日から13日にかけてジャカルタで大規模なロックフェスJakarta Rock Paradeが開催されます。
ジャカルタでの大規模な音楽祭といえば既に4ヵ年継続開催されているJava Jazz Festivalが知られていますが、同イヴェントの成功がきっかけになったのかもしれません。

6月15日現在ですでに50組近くのアーティストの出演が決定。大物海外アーティストが見られない為、集客の点では少し心配でもありますが、海外組=良質という図式が当てはまるわけでもなく、採算面でもこれはこれで良いのかも。 一方国内組は旬のインディーズ・バンドが大挙出演。メインストリーム/大物はNidjiだけ。出演交渉がうまくいっていないのか、意図的なのかは判りませんが、音楽的な質の点では非常にナイスな選択となっています。又、ジャカルタポストの記事ではDISCUSへの出演交渉も行っているとの事。

UNGU "Untukmu Selamanya"

2008. . 07
***


UNGU
Untukmu Selamanya
Trinity Optima Production TCD0022



再び「どメジャー」もの。Nidji、Samsons、Radja等と並び、最近の売れ筋トップクラスの一角を担うバンド。音的にはPADIに近いのですが、独自性と卓越したポップセンスを持つNidji、コテコテなSamsons、DQNなRadjaと比べると、バンド名(紫)とは裏腹に、徹底的に脱色を図ったというか、不純物ゼロというか、最も中庸な印象。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。