スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BAIM "Terbaik Untukmu"

2007. . 29
***


BAIM
Terbaik Untukmu

Sony Bmg 82876855992

ADA Bandの元フロントマン、Baimこと、Ibrahim Imranの3rdソロ。いいですよー。
スポンサーサイト

ネットラジオ「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING」

2007. . 27
肝心なことをアップするの忘れてました(大汗)。伝説のアジアンロックマスター、Cinta Kecil氏がネットショップのオーポンに引き続き、遂にアジアのバンドの音源が聴けるネットラジオを開始!!!

♪♪♪「Cinta KecilのASIAN ROCK RISING」♪♪♪

Cinta Kecil氏には私自身も随分とお世話になっておりますが、苦節●年、満を持して遂にスタート!と言う感じですね。ネットショップのAsian Rock Risingはどちらかと言うとメタル~プログレメタルが中心となっててネットラジオのプログラムも1~2回目は「そちら寄り」ですが、基本的にはジャンルに拘らず何でもやってゆくとの事。請うご期待!
因みに第1~2回のセットリストは以下。しょっぱなからインドネシアが誇るスーパープログレバンドDISCUSが登場します!wwwww

SHARK MOVE "Ghede Chokra's"

2007. . 25
***


SHARKMOVE
Ghede Chokra's

Shadoks Music 086 (LP)

ShadoksからGuruh Gipsyに続くインドネシアロックの名盤再発。

Sujiwo Tejo 4thアルバムを近々リリース

2007. . 07
7月にはリリース予定との事。今回も前作同様Bintang Indriantoとのコンビで制作されたようです。
ソース↓
http://groups.yahoo.com/group/indiejazz/message/3358

詳しい情報はまた判り次第。それにしても前作がアレでしたから、今回もかなーり期待できそうです。 ワクワク。

因みに検索してたらこんなBlogが出てきましたよ
Dalang Edan
http://sujiwotejo.blogspot.com/

本人のブログではなく、昔でいうところの「ファンサイト」みたいな感じでしょうか、Sujiwo Tejoのバイオや活動などが綴られています。


■拙エントリー「Syair Dunia Maya」(前作)
http://ganqtan.blog4.fc2.com/blog-entry-14.html


■音楽鵜 ケンイチ・ナニワーノ氏による的を射過ぎたレヴュー
http://www.oct.zaq.ne.jp/musicau/meibanasiaindonesia.htm


■Equinox DMD PODCAST Episode51"SUJIWO TEJO"
http://www.equinoxdmd.com/2007/02/episode-51-sujiwo-tejo-enhanced.html

Tejo氏がマイペースで喋り倒しているのも笑えますが、選曲もナイス。1stから"Nadian"、前作から"Hujan Deras"と、ヒジョーに濃いです(笑)。

怪しい音楽が好きな方は是非聴いて見てくださいね。

Alamaailman Vasarat @ 江古田Buddy 5/27

2007. . 05
またしても多忙に付きなかなかアップできずー。今回のは1カ月以上前から ちまちま書いてるエントリーだったりして(汗)、でも今書かないと又書きそびれそうなので。

***

えっと久々のライぶれぽです。半年ぶりのライブ観戦はフィンランドのAlamaailman Vasarat。もともと暗黒チェンバー(らしい)Höyry-koneの人がやってるというので、おどろな感じのチェンバー・ロックと思っていたのですが、唯一持ってたCD "KÄÄRMELAUTAKUNTA" は 初期クリムゾン風のゴシックな暗さはあるものの、ドン詰まり感は無く、少しばかりチンドンかなあ、という印象でした。まあ好みの音には違いないし折角の来日ですし。ましてや直前にあるハズだったDaniele Sepeが中止になったものですからライヴに対する飢餓感もかなり上昇しており。

今般のライヴは"Music from フィンランド"という企画でVasarat以外にも幾つかセットがあって、きちんとチェックしていないのですが、主にJAZZ~ワールド・ミュージック系のミュージシャン達のようです。ですので会場ではプロモ用にサンプラーCDも配られており、これがなかなかお洒落でグー。

こんなやつ↓



日本側の共演者は主にアヴァン系の人たちです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。