スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dragibus 来日

2005. . 28
前回の来日では幼稚園ツアーも敢行した、おフランスのトイ・ポップ・ユニット、ドラジビュスが 再び来日します。DragibusについてはWeb上に山ほど情報が あるのでまずそちらを見て頂くとして。

オフィシャルサイト
http://www.dragibus.jp/
今回のツアースケジュール
http://www.dragibus.jp/dragibus/tour2005.htm
新譜試聴
http://www.bls-act.co.jp/music/detail.php?wpid= 1857<id=32
ローのインタヴュー。アールブリュトの事なんかにも触れててさもありなん、と言う感じ。
http://novelcellpoem.com/artist/intervew_lore.html

音を端的に言えばロリータ・アヴァン・ポップというのが妥当なんでしょうが、結構「アヴァン」な感じを強く受けます。 実際最初に後輩から1st「barbapoux」を聴かせて貰った時即座に 連想したのはETRON FOU LELOUBLANでしたし。(笑)
件の1stは世界各国の童謡を用いながらもかな~り「とっちらかった」感じ。ノイズとか変てこりんな音が充満していて、刺激的且つ幼児にも受ける、というとんでもねえ作品であったわけです。
2ndは未聴なので判らないのですが、3rdの「LOLLIPOP」はオリジナル中心で80thエレポップ的な作風。ある意味「キワモノ」から比較的「マトモ」になってしまったような印象。悪くないのですが、ちょっとインパクトに欠けるかも。ジャケかわいいですけど。

し、か、し!

昨年の12月に発表された「tutti Frutti」、これは文句無しの傑作。

DRAGIBUS
「tutti Frutti」
P-VINE RECORDS PCD-24165
今回のテーマはロケンロールと言うことですが、音作りもシンプルになってヘナチョコ度も増幅。今回から加入のギタリストMr.ペンギンも「ガー!」とか何気にすげえ音出しててエエ感じ。1stがエトロン・フーだとすれば今回はコントーションズ!、・・・と言ったら 言い過ぎかもしれませんが、でもやっぱええわ。





さて、ツアースケジュールは6/21の渋谷・UPLINK FACTORYを皮切りに名古屋、大阪、米子、京都、と周り、更に東京で2回。詳しくは 上記のリンクを参照して下さい。ヘンテコ系音楽が好きな方は外せないでしょう。
スポンサーサイト

Guruh Gipsy 関連

2005. . 22
Guruh Gipsy関連の情報が少しばかり入りました。 インドネシアのジャズミュージシャンの始祖の一人、Jack Lesmanaの娘で映画監督としても知られるMira Lesmana。最近では日本でも公開された映画 Ada Apa dengan Cinta(邦題:ビューティフル・デイズ)のプロデューサーとしても知られていますが、そのMira Lesmanaが現在手がけているのが"Garasi"という映画。Garasi、現在のミュージシャンと過去の音楽家達のミッシング・リンクを繋ごうというストーリー仕立てのようで、Mellyや/rifのAndyといった現在の著名どころも出演するのですが、過去の「伝説のミュージシャン」としてGURUH GIPSYがカメオ出演するという情報があります。

Imanissimo 大人になったDancing Baby?

2005. . 16
IMANISSIMO
「Z's Diary」
PRS Records 5194332
久方ぶりのインドネシアプログレバンド紹介です。
オーストラリアに生まれ、IKJ(Institusi kesinian jakrta=ジャカルタ芸術大学)を卒業したベーシスト、Iman Ismarを中心とするImanissimo、メタル・フュージョン系のバンドPendulumから分派したスペース・ロックを売りにしたバンドで、先に頒布されたCD-Rでは粗削りながらもある意味インドネシアらしからぬユニークな音楽性で注目すべき存在でした。

Mellyさん

2005. . 14
MELLY GOESLAW
「Intuisi」
Aquarius AQM9262-2
Melly Goeslaw久々のソロです。今年の1月に発表され、既に幾多のサイトやBlogでも紹介されており、今頃何よと言う感じですが。
Mellyの影響力の凄さはもう書くまでもないでしょうが、ポップ・インドネシアの新たなスタンダードを確立してしまったと言っても過言ではなく、彼女自身の多作ぶりもさることながら、Mellyが作ったものでなくてもMelly風になってしまうということも見受けられるようで(このあたりはこちらのインサックさんのBLOG:原色大衆音楽図鑑EXに詳しいです)。

そんなんで世の中Melly節だらけなわけですから、彼女自身のソロとなると一体どうなることやら心配でもありました。

・・・ネタ切れとか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。