スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Riza Arshad (Simak Dialog)インタビュー @BP Trijaya FM

2015. . 11
10月11日の横濱ジャズプロムナード、12日の青山CAYで来日公演が予定されているインドネシアのプログレッシヴ・ジャズ・ロック・グループSimak Dialog。10月4日、スマトラ、パレンバンのラジオ局BP Trijaya FMで同グループのリーダーのRiza Arshadの電話インタビューがOAされました。番組Jazz On Trijaya FMは時々興味深いインタビューを行っていて、以前アップしたDiscusのIwan Hasan、IKYWMCのReza Ryan(録り損ねました)、といったプログレ寄りの人達も紹介されてます。
最後のほう2分ほどストリ-ミングの回線が切れちゃって不完全な上、物凄い早口なのでちょっと意味を取り損ねている箇所もありますが、ご容赦ください。

BP Trijaya FM ストリーミング
http://www.bptrijayapalembang.com/


スポンサーサイト

Kompas紙にMoonJune Records Leo Pavcovic氏の記事

2015. . 22
本日付インドネシアの有力日刊新聞KOMPASに米国ジャズロックレーベル、MoonJune Recordsの主幹、レオナルド・パヴコヴィッツ氏の記事が載ったので勢いで和訳。Moon June RecordsはSoft Machine LegacyやElton Dean等のソフツ関連、Alan HoldswothやArti e Mestieri等のレジェンドクラスのミュージシャンを抱え、更に近年の新人グループの音源リリースやミュージシャン同士のコラボレーションを精力的に促しており、殊インドネシアのシーンについても複数のミュージシャンの音源リリースや、2014年末のイヴェントJazz @Kota Tuaの公式サポートなど積極的に関与しています。
因みに99%くらい全訳、但し意訳は含みます。少々意味通じにくい箇所はご勘弁。 コピーライトで問題あったら消すかも。
***

インドネシアのプログレ事情 改定ダイジェスト版 (後)

2013. . 28
続き。80年代後半から直近まで。
70年代から80年代前半はこちら↓
http://ganqtan.blog4.fc2.com/blog-entry-218.html

インドネシアのプログレ事情 改定ダイジェスト版 (前)

2013. . 21
えー、少々後ろ向き,というか久々にこのネタ。需要あるかわからんけど、約10年前のエントリ焼き直し。もとい某ライナーノ-ツ裏面改訂版か。



NHKFMのプログレ三昧「事件」を契機にDiscusの認知度が飛躍的に上がり、然程珍奇な存在ではなくなった?「インドネシアのプログレッシヴ・ロック」。プログレに限らず、その気になれば世界中の音源が容易に聴ける今、情報増え過ぎて、まとめるのも難しくなってんじゃないか、と要らぬお節介心が湧いてきまして。

で、最近のとかアップデート出来てないし今だったら音でトレースできるし、というわけで薀蓄垂れ流し。今時もっと詳しい人沢山いると思いますが、間違ってたら教えてね。


ちなみに大凡10年前の2003年6月、Discus 2nd "Tot Licht"が世界に先駆け日本で発売。その意味でも微妙に10周年エントリ。



以下緩めに、且つ「プログレ視点」から時系列で追っていきます。

(この項情報更新に伴い随時改稿の予定)



まずは70年代から80年代前半まで。

IWAN HASAN (Discus,Atmosfera)インタビュー Trijaya FM

2012. . 05
パレンバン(南スマトラ)のFM局、Trijaya FMのPOD Cast,"Iwan Hasan インタビュー"を和訳テキスト化してみました。すでにTwitterでは粗っぽいものを公開してますが、ある程度の整理と参考になるリンクも含めて再構成。 インタビューは2012年6月11日のもの。Discusがまさかのテレビ出演した直後のもので、脱退したはずのDiscusの今後の動向にも少し触れています。

*意訳及び少々の省略箇所あります。誤訳についてはご指摘くだされば助かります。

元のPOD CASTはこちら(約30分)↓

URL:http://www.trijayafmplg.co.id/2012/06/iwan-hasan/


Discus復活と周辺動向

2011. . 06
既にTwitterではバラバラと報告してますが一応まとめます。

Discusの解散と最近のメンバー動向

2010. . 12
2010年9月、Fadhil Indraにより無期限の活動停止/解散の表明がされてしまったDiscus。3rdアルバム用のマテリアルは既に出来ており、録音を残すのみだっただけに非常に残念。やはりIwan Hasanの脱退とAnto Praboeの急逝は大きかったようです。脱退表明をしたIwan HasanはTwitterで「同じバックグラウンド(ジャズ・クラシック)を持つ友達が居なくなってしまった」とコメントしていましたが、絶妙に成り立っていたメンバー各々の方向性のバランスが崩れてしまった、という事なのでしょうか。難しいですね。

さて、Discus及びメンバー動向についても暫く触れていなかったし、こういう機会もあまり無いので、今回纏め・・・というか纏らない情報を色々と。

Imanissimo 新曲 "Echo in the Distance"

2010. . 26
Imanissimoが新曲を公開しています。前作からは大分メンバーが変わっているようですが、不器用さもありながら結構良い感じ。Andy Juliasは今回も積極的に係わっているようですね。アルバムが楽しみです。



訃報:Anto Praboe (Discus)

2010. . 24
インドネシアのハイパー・プログレ・バンド、Discusの管楽器奏者であるAnto Praboe(アント・プラブ)氏が、昨日(2010年5月23日)心臓発作の為亡くなりました。サイクリング中に突然胸の痛みを訴えてそのまま、ということで、かなり急の事だったようです。

Discusと言うバンドの始まりは彼とイワン・ハサンの出会いがその発端であり、またAnto氏はバンド名の名付け親でもありました。バンドに於いては、サックス、フルート等の西欧楽器からスリン他インドネシアの伝統楽器までを操るマルチ・ウィンド奏者。そして2ndアルバム"Tot Licht!"を特徴付けた主要素であるユニークなヴォーカルスタイルの持ち主(Breathの爆笑、カルティニ書簡の怒声朗読等)。又その人となりは、冗談好きで穏やかだったそうで、無くてはならないメンバーを失ったバンドの悲しみは図り知れません。 御冥福をお祈りします。

Jazz Dance of the Equatorial Winds (3rdアルバム用?)


【Youtube】 simak Dialog Live @ Theater Salihara Feb 2009

2010. . 17
Youtube のSimak Dialog オフィシャルページに2009年2月の南ジャカルタ・サリハラ・シアターでのライブの模様がアップロードされています。 本日現在全8曲、但し全部10分以上の長尺の為、全曲2~3分割。 選曲はTrans/Missionから最新のDemi Masaまでバランスよし。相変わらず派手さは無いものの、じわじわと来る演奏は白眉。

***

アルバム"Demi Masa"トップのSalilana
オリジナル録音はローズでしたが、この時はアコースティック・ピアノ。こっちのヴァージョンの方が良かないか。

個人的には現地に居たのに寝過ごしちゃって見られなかった痛恨のライブでしたが、こうして見られて感無量。

尚オフィシャルページには当日のライブ以外にもプロモDVDのみで公開されていた、Kain Sigli等、Patahan収録曲の映像もアップロードされていて必見です。
Kain Sigli(1/2) Kain Sigli(2/2)

Youtube Simak Dialog オフィシャルページ
http://www.youtube.com/user/simakDialog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。