スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ルリー・シャバラ来日】「SENYAWA-デュオの長い道のり」-インドネシア・コンパス紙(2015年1月8日

2015. . 23
内橋和久をはじめ、日本および世界中のアヴァンギャルド系ミュージシャンとの共演で飛ぶ鳥を落とす勢いのデュオ、「スニャワ(センヤワ)」。デュオとしては昨年8~9月、今年5月と、既に2回の来日を果たしていますが、今回はRully Shabara単身で来日。 現状判っている所では、8月28日~29日のヴォイスパフォーマンス・ワークショップ、8月30日に行われる大友良英主催の「アンサンブルズ東京」への出演、9月2日新宿PIT INNでの大友良英とのコラボーレーション。その後はロンドンに飛んでSENYAWAとして公演の予定。

8月28日~29日アンサンブルズ東京 ルリー・シャバラ ヴォイスパフォーマンスワークショップ
28日 東京芸術劇場 リハーサルルームM2(東京都豊島区西池袋1-8-1)
29日 入谷 なってるハウス(東京都台東区松が谷4-1-8 1F)
http://etokyovoicews.peatix.com/

8月30日アンサンブルズ東京
東京駅前丸の内側 行幸通り
http://www.ensembles.tokyo/

9月2日アンサンブルズ・アジア番外編「大友良英+ルリー・シャバラ」
新宿Pit Inn 
http://bit.ly/1DXDEqf



前回・前々回の来日で日本の錚々たる面子と共演し、「その筋」では知名度も高いものと思われますが、本国・マスレベルで脚光を浴びにくいのはこの手の音楽家の宿命。
とはいえ、世界中を飛び回る彼らの存在感は無視できるものでは無くなって来たのでしょうか。インドネシアの大手紙であるコンパスに今年の初めに彼らの記事が載ったので今更ながら翻訳してみます。というか、実は手強い単語が並んでたので今まで放置してました(汗) 記事は前回紹介したMoonJune/Leo Pavcovic氏について執筆iのヘルランバン・ジャヌアルディ氏。文章置き換え、最低限の省略と意訳を行っています。
スポンサーサイト

KUA ETNIKA "Nusa Swara"

2011. . 28

KUA ETNIKA
"Nusa Swara"
Kua Etnika Recording/Demajors

1995年の結成以来、コラボアルバムを含め4作を発表しているKua Etnikaの5作目(多分)。ガムランを主体とした伝統音楽の立場から、ポップやジャズのフォーマットを取り込んで、あくまでコンテンポラリーな伝統音楽を生み出そうとする姿勢は一貫しています。しかし作品として出てくるものは必ずしも面白いモノにはならなかったのも事実。 で、今作もあまり期待せずに聴いてみたのですが、・・・良い意味で期待はずれ。これは良作。

Inisisri逝去(ドラマー、Kantata Takwa, Swami他)

2009. . 30
古くはジャワのアシッドフォークグループKelompok Kampungan、また近年ではKantata TakwaSwamiSirkus BarrockなどW.S.Rendra, Iwan Fals、Sawung Jaboらの屋台骨を支えてきたドラマー、Inisisriが本日亡くなったそうです。

参照元:Inilah Artis "Musisi Inisisri Wafat"


著名な上記グループ以外にも、自身のパーカッショングループKAHANANを率いて活動しており、一度はその勇士を見たかったのですが、叶いませんでした。

KAHANAN の凄さは下の映像でわかるかと思います。特に2本目は強烈。本当に残念です。


Musisiku2 出版!

2009. . 17
2007年末、KPMI=Komunitas Pecinta Musik IndonesianとRepubikaの共同出版にて発売されたMUSISIKU。1960年代からのインドネシアのポップスやロックに関する情報を一気に俯瞰できるだけでなく、長らく入手困難になっている音源も多数紹介されており、コレクターや古典ポップス・ロック愛好者にとってのバイブルとも言える存在になっています。
そのMUSISIKUの第2弾が漸く出版されます。 印刷は既に終了しており、書店の店頭に並ぶのは5月末頃との事。今から楽しみです。

"MUSISIKU2" 表紙の画像↓↓
http://kpmi2005.multiply.com/photos/album/5/Buku_Musisiku2_dan_kpmi#2

KPMI(Komunitas Pecinta Musik Indonesia)
http://kpmi2005.multiply.com/


拙BLOG関連エントリ
書籍 MUSISIKU
http://ganqtan.blog4.fc2.com/blog-entry-114.html

音楽誌 "aktuil" がWebで復活

2008. . 02
1967年にバンドゥンで創刊された雑誌、"aktuil"。以来約10年間に渡りインドネシアの「音楽シーンの先導者」ともいえる役割を果たし、現在においては当時のロックシーンを知る上でのバイブルといえる存在になっています。 そのaktuilがwebヴァージョンで今年8月から復活!!(さっさと気付けよ俺)。

http://aktuilista.com/

aktuiは1975年、DEEP PURPLEのジャカルタ公演をはじめ、海外や国内の音楽の紹介、そして出版、自主制作など多方面にわたりシーンを盛り上げていたようです。

さて、aktuiについては前から知ってはいたものの、実はあまり詳しくありません。以前からアーカイヴとしてその表紙が載る度に気になっていた程度。で今回このwebを見つけてウハウハ状態。といいつつまだちゃんと読んでないので、これからじっくり読んでみたいと思います。少なくとも70年代のインドネシアのロックシーンに興味があり、且つインドネシア語が読める方にはかなり面白いと思われます。もし言葉が判らなくとも、写真だけで結構面白いと思いますので是非御覧になってください。

またAktuilについてはインドネシア版のWikipediaにも出ていますので,簡単に知りたい方はこちらをどうぞ。

http://id.wikipedia.org/wiki/Aktuil



それからこんなのも。 aktuil表紙コレクション
http://www.flickr.com/photos/tags/aktuil/




Denny Sakrie氏のBLOG

2008. . 26
音楽ライター、Denny Sakrie氏がBlogに大量の原稿をアップしています。過去の新聞・雑誌記事の再掲も多いのですが、注目すべきは豊富な画像。最近のものばかりでなく、70年代、80年代の貴重な画像も大量に見ることが出来、それだけでもかなり興味深いです。昨日現在での最新記事はGiant Step。テレビ出演時の写真なども出ています。
Rumah Musik Denny Sakrie
http://dennysak.multiply.com/journal

書籍 MUSISIKU

2008. . 15
***


MUSISIKU
KPMI
Republika ISBN 97897911021-8



音楽メディアがビニール盤からCDへとシフトしていった中で所謂「先進諸国」では過去のアーカイヴが大量に再発され、更にはインターネットの普及によりその付帯情報も爆発的な勢いで充実していったのは周知の通り。現在ではメジャー、マイナー、あるいは時代を問わず膨大な情報に触れることができ、埋もれた音盤の「再発見・再評価」も珍しいことではありません。

ではインドネシアではどうかというと、過去の音楽作品は"コマーシャルベース"では中々顧みられる事が無く、未だその状況は変わっていません。加えて当地においてはやはり「購買力」という事情も無視できないでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。