スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年

2016. . 31
仕事がらみの諸事情で、心身ともに余裕なかった1年。体力低下もあるけれど、何かしたくても疲れてできないというのはもどかしいです。日本でもインドネシアでも確実に面白い事は起こっているのに。
そんなんで今年はついにライブ観戦ゼロ。んで書けることもあまり多くないのでインドネシア関連とかそれ以外とか、分けずに行きます。
スポンサーサイト

2015年

2015. . 31
年間纏めを除いて実質一本だった昨年とくらべ、今年は一応エントリ4本。少ないながらナンボか「まし」。多少「翻訳ブログ」に振れつつありますが、アレ結構パワー要るので今後どれくらいアップできるか自信ありません。それ以外にも壮大?なネタ含め色々あるのですが、手間がかかるテーマ(駄洒落)をどれだけ実現できるか。まあボチボチやっていきます。で、今年気になったモノ、出来事作品他色々。
(ところで、試しにIn LineFrame 使ってみました。少し見難いかも。なんだかなんだか良くわからんというところはスクロールバーで調整してください。)

Riza Arshad (Simak Dialog)インタビュー @BP Trijaya FM

2015. . 11
10月11日の横濱ジャズプロムナード、12日の青山CAYで来日公演が予定されているインドネシアのプログレッシヴ・ジャズ・ロック・グループSimak Dialog。10月4日、スマトラ、パレンバンのラジオ局BP Trijaya FMで同グループのリーダーのRiza Arshadの電話インタビューがOAされました。番組Jazz On Trijaya FMは時々興味深いインタビューを行っていて、以前アップしたDiscusのIwan Hasan、IKYWMCのReza Ryan(録り損ねました)、といったプログレ寄りの人達も紹介されてます。
最後のほう2分ほどストリ-ミングの回線が切れちゃって不完全な上、物凄い早口なのでちょっと意味を取り損ねている箇所もありますが、ご容赦ください。

BP Trijaya FM ストリーミング
http://www.bptrijayapalembang.com/


2014年 (その1)

2014. . 28
え~、すっかり年鑑と化してる拙ブログ、今年何があったのかあんまり思い出せなくて。・・なんだか怒涛のように過ぎた。つかここ数年ずっとそうだけど。考えてみりゃビッグイヴェントあったのに、何なんだろね、この無感動。加齢のせいっすかねぇ。んで今回長くなったので2部に分けます。

・・・さて色々考えて思うのは、多分インドネシアは当たり年だったってこと。色々と。なのでまずこれから↓↓

2013年

2013. . 31
忙しすぎてツイートすら殆ど出来ないこの頃。色々動きはあるのですが、タイムリーに更新できないのがくやしい。おまけに最近日本語怪しくなってきて、文章力も著しく低下中。苦し紛れの年間まとめエントリです。


2012年

2012. . 31
うー、今年は印象に残るイヴェントも音楽も非常に少なかった。というのも仕事があまりに忙しく、日本に帰ってもライヴ見る気起こらなかったし、ミクさん依存が益々重篤になって来ているし。

Tomorrow People Ensemble

2012. . 29

Tomorrow People Ensemble
(S/T)

ジャムバンド系ジャズカルテット、本格始動へ向けたフルアルバム一作目。

2011年

2011. . 31
前半はと言えばジャスミン革命に端を発する中東政変とか、想像を絶する天変地異とか、生半可なフィクションを現実が大幅に凌駕する事が起きすぎて、後半はシゴトの勤務地が変わった為に、自分の時間が思うように取れず。・・・とまあそんな中で今年の印象に残った書き漏らしネタをgdgd。

KAYON (Indra Lesmana関連)

2011. . 26
12月28日にBLUE NOTE東京で公演予定のLLW (Lesmana Likmahua Winarta)。インドラ・レスマナがインドネシアのジャズシーンにおける最重要人物である事は疑いようも無く、同国のジャズユニットの(恐らく)初来日という点においては極めて順当と言えるでしょう。インドネシア・ジャズの基礎を築いたミュージシャンの1人ジャック・レスマナの息子として生まれ、幼少期からステージに立ち、初期Krakatauを含む幾多のジャズフュージョン・グループに参加し、又時にはポップスターとして、音楽シーンの最前線で華々しく活躍してきましたが、その音楽性はマニアックな視点からすると大幅にアウェイなのも事実。なので私自身も積極的に興味を持てるタイプのミュージシャンでは無かったのですが、ネットで調べてみると少々面白い事実を発見。

Discus復活と周辺動向

2011. . 06
既にTwitterではバラバラと報告してますが一応まとめます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。