スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COS "Babel"

2009. . 22

COS
"Babel"
GBD 0056(LP)

Hollanderネタで引っ張って、又COSです。いやもう、大好きなんですよ。1st持ってない けど(くどい)。で、いきなり脱線しますが、大学時代に所属していた同好会にユーロロックに詳しい先 輩がおりまして、COSを薦められたのですが、一番最初何も知らずに次作の"Swiss Chalette"を買ってしまって、なんじゃこりゃ状態(わかる人にはわかると思います)。で、その次にこの3rdを聴いて漸く納得。マッチョ系とは対極にあるユーロ・ジャズロックの名バンドである事を確信したわけでございます。
スポンサーサイト

COS "Viva Bomma"

2009. . 17

COS
"Viva Bomma"
IBC/EMI 4B062 23605(LP)

Daniel Shell率いるベルギーのジャズロック・バンドCOS。ヨーロッパのカンタベリー派として知名度も高いと思いますが、前回Marc Hollanderに触れたので、ついでに。・・・で、最初にお断りしとくと、実は1st持ってません。なのでそのへんは少し割り引いて読んでください(汗)。

Simak Dialog 動画

2007. . 25
2007年7月に米国のカンタベリー系レーベル、Moon June Records からCDが発売されたSimak Dialogは現在、John Marshallとの共演計画を進めているそうです。John Marshallと言えば初期Nucleas後期Soft Machineのメンバーであり、ブリティッシュ・ジャズ・ロックを代表するドラマー。重鎮との共演で、世界進出もいよいよ本格的になりそうな予感。実はこの話、更にEberhard Weberとの共演計画もあったのですが、今回はWeberの体調の関係で取りやめになったそうです。

プログレッシヴ・ミュージックとしてはDiscusを初めとするIPS/PRS勢に比べて地味な存在のsimak Dialogですが、こうした大物との競演等で実力が認められていくのはファンとしても嬉しい限りです。

***


さてそんな活動範囲拡大の一環でしょうか、YoutubeとGoogle Videoにライヴ演奏の動画がアップロードされています。CDとは一味違う熱の入った演奏はジャズロック・ファン必見ですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。