スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ルリー・シャバラ来日】「SENYAWA-デュオの長い道のり」-インドネシア・コンパス紙(2015年1月8日

2015. . 23
内橋和久をはじめ、日本および世界中のアヴァンギャルド系ミュージシャンとの共演で飛ぶ鳥を落とす勢いのデュオ、「スニャワ(センヤワ)」。デュオとしては昨年8~9月、今年5月と、既に2回の来日を果たしていますが、今回はRully Shabara単身で来日。 現状判っている所では、8月28日~29日のヴォイスパフォーマンス・ワークショップ、8月30日に行われる大友良英主催の「アンサンブルズ東京」への出演、9月2日新宿PIT INNでの大友良英とのコラボーレーション。その後はロンドンに飛んでSENYAWAとして公演の予定。

8月28日~29日アンサンブルズ東京 ルリー・シャバラ ヴォイスパフォーマンスワークショップ
28日 東京芸術劇場 リハーサルルームM2(東京都豊島区西池袋1-8-1)
29日 入谷 なってるハウス(東京都台東区松が谷4-1-8 1F)
http://etokyovoicews.peatix.com/

8月30日アンサンブルズ東京
東京駅前丸の内側 行幸通り
http://www.ensembles.tokyo/

9月2日アンサンブルズ・アジア番外編「大友良英+ルリー・シャバラ」
新宿Pit Inn 
http://bit.ly/1DXDEqf



前回・前々回の来日で日本の錚々たる面子と共演し、「その筋」では知名度も高いものと思われますが、本国・マスレベルで脚光を浴びにくいのはこの手の音楽家の宿命。
とはいえ、世界中を飛び回る彼らの存在感は無視できるものでは無くなって来たのでしょうか。インドネシアの大手紙であるコンパスに今年の初めに彼らの記事が載ったので今更ながら翻訳してみます。というか、実は手強い単語が並んでたので今まで放置してました(汗) 記事は前回紹介したMoonJune/Leo Pavcovic氏について執筆iのヘルランバン・ジャヌアルディ氏。文章置き換え、最低限の省略と意訳を行っています。
スポンサーサイト

2014年 (その2)

2014. . 30
後半行きます。インドネシア以外編。

2014年 (その1)

2014. . 28
え~、すっかり年鑑と化してる拙ブログ、今年何があったのかあんまり思い出せなくて。・・なんだか怒涛のように過ぎた。つかここ数年ずっとそうだけど。考えてみりゃビッグイヴェントあったのに、何なんだろね、この無感動。加齢のせいっすかねぇ。んで今回長くなったので2部に分けます。

・・・さて色々考えて思うのは、多分インドネシアは当たり年だったってこと。色々と。なのでまずこれから↓↓

2012年

2012. . 31
うー、今年は印象に残るイヴェントも音楽も非常に少なかった。というのも仕事があまりに忙しく、日本に帰ってもライヴ見る気起こらなかったし、ミクさん依存が益々重篤になって来ているし。

Tomorrow People Ensemble

2012. . 29

Tomorrow People Ensemble
(S/T)

ジャムバンド系ジャズカルテット、本格始動へ向けたフルアルバム一作目。

UBIET "Kroncong Tenggara"

2011. . 21

UBIET
"Kroncong Tenggara"

Ragadi Music

Ubietネタもういっちょ。何を基準にか、世界最古のポップスとも言われるクロンチョン。 モダンポップに押されて今時全く省みられなくなったかと言うと、決してそうではないのですが、今更メインストリームには成り得ないのも事実。そんな中、色々な現代的アレンジの試みもあるようで、例えばDjaduk Feriantoのコミックショー風Orkes Sinten Remenなんかも結構面白いのですが、音的に どうかというと、まあそこそこ。で、Ubiet姐さんのコレもあんまし期待してなかったのですが・・・。

えー、めちゃくちゃイイです。思わずニヤニヤします。チョーありです(笑)。つか、かっけークロンチョンって初めて聴いた。

2010年

2010. . 31
Twitter始めてBlogのほうは益々備忘録化甚だしいです。まあそれはさておき、今年気になったものリストアップ。ブログで取り上げそこなったネタを中心に。

WUKIR SURYADI (1)

2010. . 05
インドネシアのアヴァンロック・シーンで急速に台頭してきた感のあるWukir Suryadiという人、最近まで知らなかったのですが、ササンドゥの化け物のような楽器"Bambu Wukir"を操り、Z'ev的な劇音から、カチャピ風の美麗な音まで、幅広い音を紡ぎだす、かなり面白い人です。

W/H/A/T QUARTET "No Words"

2010. . 19

W/H/A/T QUARTET
"No Words"
Demajors



Sandy Winarta(Ds), Sri Hanuraga(Pf), Riza Arshad(Synth), Indrawan Tjhin(Bass)の四人の頭文字から名づけられたジャズ・コンボ。取り敢えず、Riza Arshadが参加している、と言う事で入手したんですが、こらええわw。

Ligro Trio

2009. . 11
往々にしてインドネシアの「ジャズ」というと、相も変わらず口当たりの良いスムースジャズやソフトなジャズフュージョン、あるいは極端にポップなR&B風ばかりで、Simak Dialogのような硬派は極々希少な例外である状況はあまり変わっていないように思えます。まあ過去のエントリでSUNGSANG LEBAM TELAKとかTPEとか名前は出しましたが、あくまでインディーレベルであって、名の通ったミュージシャンによるアグレッシヴなジャズに対する取り組みはなかなか見受けられません。そんな中このLIGROは新たな「例外」バンドの最右翼かも。
LIGRO TRIOはギタリストAgam Hamzah、ベーシストAdi Dharmawan、そしてGIGIのドラマーGust Hendyで構成されるトリオです。ジャズフュージョン的な要素を持ちつつも、そのアグレッシヴ且つエッジの立った演奏は、Mahavishunu OrchestraやBill Frieselを連想させ、一方で日本のアルタードステーツ等のアヴァン・ロックにも通ずる過激さを持ち合わせています。
1st Album ”Dictionary I"は2008年末にリリース。未だ入手しておらず、今まで見逃していたのが不覚の極み。Band名の"LIGRO"はOrang Gila(狂人)の略"Or-Gil"をひっくり返したもの。

とりあえずはアルバムの紹介記事と
http://www.wartajazz.com/2009/02/24/ligro-trio-ligro-dictionary-i/

その圧倒的なライヴパフォーマンスを御覧下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。